幸田 浩子 : Hiroko Kouda

ソプラノ

幸田 浩子

Hiroko Kouda

東京藝術大学首席卒業。同大学院、及び文化庁オペラ研修所修了後、ボローニャ、ウィーンに留学。数々の国際コンクールで上位入賞後、欧州の主要歌劇場へ次々とデビュー。ローマ歌劇場等大舞台で重要な役を演じ、2000年名門ウィーン・フォルクスオーパーと専属契約。『魔笛』夜の女王、『ファルスタッフ』ナンネッタ等を演じる。帰国後は新国立劇場『ホフマン物語』オランピア、びわ湖ホール『リゴレット』ジルダ、二期会『魔笛』パミーナ等で好評を博す他、主要オーケストラとの共演や全国各地でのリサイタル等に加え、NHK「気ままにクラシック」のパーソナリティやBSフジ「レシピ・アン」のメインMC等多彩な活動を展開。18年にはCDデビュー10周年を記念し《ARIA 花から花へ~オペラ・アリア集》をリリース。第14回五島記念文化賞オペラ新人賞、第38回エクソンモービル音楽賞洋楽部門奨励賞受賞。第3代クルーズアンバサダー(クルーズ振興大使)。二期会会員。

http://columbia.jp/koudahiroko/