メンバー紹介 (兵庫芸術文化センター管弦楽団)

PACオケのメンバーを紹介します

兵庫芸術文化センター管弦楽団は、阪神・淡路大震災の復興のシンボルとして、2005年10月にオープンした兵庫県立芸術文化センター専属のオーケストラです。このオーケストラは、世界各地のオーディションで選ばれた若手演奏家で構成されるフレッシュでかつインターナショナルなオーケストラです。また、アカデミーの要素も持ち、楽団員は在籍期間内に様々な公演での演奏を通じ、オーケストラ奏者としての経験を積んでいきます。芸術監督には佐渡裕があたるほか、コンサートマスターに四方恭子、豊嶋泰嗣が就任。また、国内外一流の指揮者、ソリスト、コーチ陣も招聘し、定期演奏会、特別公演、室内楽演奏会、青少年鑑賞公演、アウトリーチ活動、プロデュース・オペラへの出演など、多彩な活動を展開していきます。

芸術監督

世界的に活躍する指揮者・佐渡裕が、このオーケストラの芸術監督として指導にあたります。

佐渡 裕

レジデント・コンダクター

芸術文化センター管弦楽団の普及的場面から定期演奏会まで、幅広くその役割を担います。

岩村 力

コンサートマスター

芸術文化センター管弦楽団では、オーケストラ、オペラ、室内楽のスペシャリスト2名が、このオーケストラの顔として活躍します。

四方 恭子 豊嶋 泰嗣

ミュージック・アドヴァイザー

芸術文化センター管弦楽団のアカデミー機能を中心にサポートします。

水島 愛子

コアメンバー

コアメンバーは、主として35歳以下の若手演奏家で構成するプロフェッショナルです。日本、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど全世界から公募しています。定期演奏会、室内楽公演、オペラ、バレエなどの公演を通じ、バロックから現代にわたるオーケストラのレパートリーを最長3年間で実践します。

ヴァイオリン 浅野 みけら 猪子 奈実 加藤 賢太 タイール・キサンベイエフ
小島 愛子 酒井 愛里 竹下 芳乃 中塚 菜月 練木 翔
農頭 奈緒 橋本 彩子 ピョ・ボルム カミール・プーン 三浦 明子
ヴィオラ 青野 亜紀乃 仁科 友希 芳賀 明子 丸山 緑
矢島 千愛 ブライアン・ルー
チェロ 有梨 瑳理 サミュエル・エリクソン チャン・ズーホァ
フィリップ・バーグマン エリナ・ファスキ
コントラバス 浅野 宏樹 ロバート・ウィドロウスキ 西本 俊介 山村 ザッカリー
フルート 大久保 祐奈 知久 翔
オーボエ ユリア・ハンツェル 𠮷村 結実
クラリネット ルシア・グラナドス ヘルヴァシオ・タラゴナ・ヴァリ
バスーン ルーカス・ボイド トニー・リウ
ホルン アレクサンダー・ヘントン
トランペット 池田 悠人 浦田 誠真
トロンボーン 橘田 達郎 山内 正博
ティンパニ &
  パーカッション
セバスチャン・エフラー デイヴ・バーンズ

レジデント・プレイヤー

オーディションで選ばれ、1年を通じてPACのコアメンバーと様々な公演に参加する奏者。

ヴァイオリン 北島 佳奈 森岡 ゆりあ 柳 響麗
チェロ 西村 絵里子
コントラバス 三崎屋 義知

アフィリエイト・プレイヤー

芸術監督の推薦で選ばれ、PACで演奏活動を行いながら運営をサポートする奏者。

ヴァイオリン 大竹 貴子
ホルン 伊藤 隆司
パーカッション 小澤 佳子

楽団スタッフ

ゼネラル・マネージャー 林 伸光
楽団部長 近藤 史夫
マネジメント・スーパーヴァイザー 土橋 和之
プロデューサー 横守 稔久
オーケストラ・マネージャー 山内 雅豊
パーサネル・マネージャー 大野 浩美
ステージ・マネージャー 生田 修一
ライブラリアン 加藤 千香子
アシスタント・ライブラリアン 藤原 昌太郎
広報担当マネージャー 木村 明
楽団スタッフ 大丸 敦子
楽団総務担当課長 中島 健二
総務 桒田 朋美、陶器 美帆