第125回定期演奏会

下野竜也&川久保賜紀 美しきチェコの音風景


音楽で描かれた、愛すべき故郷への想い

創設間もない頃からPACと共演を重ね、成長を見守り続ける下野竜也。今回取り上げるのは、東欧の美しい国、チェコが生んだドヴォルザークとヤナーチェクの作品です。
幕開けは、ボヘミアの宗教改革者フス支持者たちを描いた、ドヴォルザークの劇付随音楽「フス教徒」序曲。続くヴァイオリン協奏曲でソリストに迎えるのは、2002年チャイコフスキー国際コンクール最高位受賞以来、第一線で輝き続ける川久保賜紀。しなやかで情感豊かなヴァイオリンが、ドヴォルザーク珠玉のメロディを歌い上げます。
そして、先達の郷土愛を受け継いだヤナーチェクからは、晩年の2作品。組曲「利口な女狐の物語」が描くのは、森を舞台に動物と人間が繰り広げる生命のドラマ。続く「シンフォニエッタ」は、1918年のチェコスロバキア独立によせる想いが投影された作品です。村上春樹の小説「1Q84」に登場し、注目を集めた楽曲でもあります。
民族音楽のエッセンスを湛えた濃密なプログラムで、マエストロ下野はPACからどんな音を引き出すのか。どうぞご期待ください。

■ ドヴォルザーク : 序曲 「フス教徒」 op.67
■ ドヴォルザーク : ヴァイオリン協奏曲 イ短調 op.53
■ ヤナーチェク : 歌劇 「利口な女狐の物語」 組曲
        (ターリッヒによる管弦楽編)
■ ヤナーチェク : シンフォニエッタ
指揮/下野 竜也
ヴァイオリン/川久保 賜紀
管弦楽/兵庫芸術文化センター管弦楽団

主催/兵庫県、兵庫県立芸術文化センター
助成/
文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
独立行政法人 日本芸術文化振興会
公演終了

2020年6月19日(金) ・ 20日(土) ・ 21日(日)  各日 15:00

兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

A 4,000円/B 3,000円/C 2,000円/D 1,000円 (全席指定/税込)

お問合せ : 芸術文化センターチケットオフィス : TEL 0798-68-0255

一般発売  1月12日(日)   /   芸術文化センター会員 先行予約  1月10日(金) 10:00AM~

インターネット予約
■ 芸術文化センター : 6月19日(金)  /  6月20日(土)  /  6月21日(日)
■ イープラス : http://eplus.jp (パソコン&携帯)
■ チケットぴあ : http://pia.jp/t/ (Pコード:167-738)
■ ローソンチケット : http://l-tike.com (Lコード:51538)

電話予約
■ 芸術文化センターチケットオフィス : 0798-68-0255
■ チケットぴあ : 0570-02-9999 (Pコード:167-738)
■ ローソンチケット : 0570-000-407 (オペレーター対応) / 0570ー084-005 (Lコード:51538)

窓口発売
芸術文化センター2階総合カウンター(1/13(月・祝)より、残席がある場合のみ)、
ローソン、ミニストップ[Loppi]、ファミリーマート[Famiポート]、セブンイレブン[マルチコピー機]

※プレイガイドでのお取扱いについては、各プレイガイドにお問合せください。

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

※やむを得ない事情により、出演者・曲目等が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。