第2回 定期演奏会

ルーマニアの新星オロサヌ
期待のコンサート・デビュー!

かのチェリビダッケを生んだルーマニアの期待の星。20歳でプロのホルン奏者、26歳で指揮教授、30歳で国立歌劇場の首席指揮者・・・。天才の道を歩むオロサヌのコンサート・デビューは聞き逃せません!

■ ラロ : スペイン交響曲
■ リムスキー=コルサコフ : 交響組曲「シェエラザード」
■ エネスコ : ルーマニア狂詩曲第1番
指揮/クリスチャン・オロサヌ
ヴァイオリン/アナスタシア・チェボタリョーワ
公演終了

2006年 6月 24日(土)15:00

兵庫県立芸術文化センター 大ホール [ 会場までの地図 ]

※やむを得ない事情により、出演者・曲目等が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。