PACオケの演奏活動

PACオケでは、世界一流の客演指揮者やソリストを招聘しての定期演奏会をはじめ、名曲コンサートやポップスコンサート、ファミリーコンサートなどの特別公演や室内楽演奏会等の公演を実施するほか、プロデュース・オペラへの出演や県内中学1年生を対象とする「わくわくオーケストラ教室」、マスタークラスの開催、ホールを飛び出して街の中で人々と交流できるようなアウトリーチ活動などを行っています。PACオケでは、このような多彩な活動を通じて常に質の高い芸術性を追及するとともに、県下全域・県民各層への音楽文化の普及・浸透を目指していきます。

定期演奏会及び特別公演

定期演奏会は、芸術文化センター大ホールにおいて、佐渡裕芸術監督の指揮をはじめ、世界的な客演指揮者やソリストと共演し、古典から現代までの魅力あるレパートリーを大小さまざまな編成で実施しています。また、特別公演は、名曲コンサートやポップスコンサート、ファミリーコンサートなど、親しみやすい内容で実施しております。

室内楽演奏会

芸術文化センター小ホールにおいて毎月1回程度開催します。さまざまな編成で、バロックから現代曲まで、意欲的な室内楽作品に取り組んでいます。

わくわくオーケストラ教室

芸術文化センター大ホールにおいて、兵庫県内の中学1年生を対象に、映像を交えた楽曲解説や楽器紹介など、オーケストラが始めてでも楽しんでいただけるような内容で実施しております。

アウトリーチ活動

コアメンバーの中から1~10名程度のアンサンブルを編成し、芸術文化センターを飛び出して出前演奏会を開催しております。

センター事業への出演

オペラやバレエ公演、ジルヴェスターコンサートなど、芸術文化センターで行われる事業にも、センター専属のオーケストラという特性を活かし、積極的に出演します。