2020-2021 シーズンコンサート

  • その他
  • 予定枚数終了

生で聴く“のだめカンタービレ”の音楽会【8月1日(日)公演】

日時

2021年8月1日(日)開演 15:00

会場

兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール

巨大スクリーンに映し出された美しいイラストと、オーケストラやソリストによる演奏がシンクロして織り成す「のだめワールド」。ドラマも再放送され、のだめ人気はまだまだ続きます。ぜひ、ご家族、お友達とご一緒にお越しください。

◎8/1(日)
千秋真一の父、雅之は原作上では非常に重要な人物として描かれていました。前半には雅之が来場したために千秋が「ベートーヴェン:交響曲第4番」で振り間違えた定期演奏会を再現。また後半では雅之のリサイタルの一部と、千秋が直面していた孫Ruiとの関係から「ラヴェル:ピアノ協奏曲」、そして「ボロ ・ボレロ」になったデピュー当時の千秋の演奏会を振り返ります。

曲目

<8月1日(日)>
千秋と父親 - 世界的ピアニスト千秋雅之
◆J.S.バッハ:ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 BWV1052より 第1楽章(ピアノ:原 由莉子)
◆ベートーヴェン:交響曲第4番 変ロ長調 op.60
◆ブラームス:6つの小品 op.118より 第2番 間奏曲(ピアノ:原 由莉子)
◆ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調(ピアノ:原 由莉子)
◆ラヴェル:ボレロ

出演

企画・指揮・おはなし/茂木 大輔
ピアノ/原 由莉子
管弦楽/兵庫芸術文化センター管弦楽団

主催

関西テレビ放送
兵庫県
兵庫県立芸術文化センター
キョードー

企画/茂木大輔
公益財団法人かすがい市民文化財団

制作/M music Labo.

料金

S席¥6,800/A席¥5,800/B席¥4,800/S席2公演通し券¥12,800(全席指定・消費税込み)

チケット

他の開催日
7月31日(土) 15:00 開演
8月1日(日) 15:00 開演

■芸術文化センターでの先行発売 3/21(日)10:00AMより
窓口での発売は3/23(火)より開始(残席がある場合のみ)
芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255
(10:00AM‐5:00PM/月曜休み ※祝日の場合翌日)

■プレイガイドでの一般発売 4/10(土)10:00AMより

チケット取扱い
チケットぴあ
ローソンチケット
イープラス
CNプレイガイド
楽天チケット

※プレイガイドでのお取り扱いについては、各プレイガイドにお問い合わせください。

 

※S席2公演通し券は2公演同じ席でご鑑賞いただきます。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※やむを得ない事情により、出演者・曲目等が変更となる場合があります。
あらかじめご了承ください。

原 由莉子

ピアノ

原 由莉子

Yuriko Hara

ウィーン国立音楽大学大学院ピアノ演奏科修了、修士号取得。イタリア第20 回エウテルペ国際音楽コンクール第1位、ドイツ第 5 回オイレギオ国際ピアノコンクール審査員特別賞、スイス第1回“チャイコフスキー杯 2019” 国際ピアノコンクール第2位、等多数受賞。また、各々イタリアで行われた第2回ヴィッラフランカ・ディ・ヴェローナ国際音楽コンクール、第5回タディーニ国際音楽コンクールでは、最高得点者に贈られる絶対的第1位を受賞。ヨーロッパ各地で受賞記念リサイタルを行う。
岸和田市出身。大阪府立夕陽丘高校音楽科、京都市立芸術大学ピアノ科卒業。これまでに辻田裕子、小出ひろみ、大冨栄里子、故・田辺緑、坂井千春、イリーナ・メジューエワの各女史に師事。第 59 回、 62 回全日本学生音楽コンクール大阪大会 中学生、高校生の部それぞれ入選。第 16 回堺ピアノコンクール、第 6 回宝塚ベガ学生ピアノコンクール、第 16 回 KOBE 国際音楽コンクール等で第1位を受賞。第 19 回松方ホール音楽賞入選。
渡欧後、クリストファー・ヒンターフーバー、クリストフ・トラキシラーの両氏よりウィーン奏法を学ぶ。ウィーン市内での定期的なリサイタルや、ハイリゲンシュタットの遺書の家でベートーヴェンのピアノソナタを演奏するなど、様々な演奏会に出演し研鑽を積む。ウィーン国立音楽大学内で行われた演奏会で、 E.W. コルンゴルトの室内楽作品を演奏。その模様はオーストリア国営ラジオで放送された。また大学院修了時に執筆した同作品についての論文がヨーロッパ全土において出版されている。
文化庁日本演奏連盟主催・新進演奏家育成プロジェクトシリーズにおいて京都コンサートホールでリサイタルを開催。大阪交響楽団、神戸フィルハーモニック、京都シンフォニカなど多数のオーケストラと協奏曲を共演。大阪クラシック〜街にあふれる音楽〜 にて大阪フィルハーモニー交響楽団のメンバーと共演を重ねるなど、室内楽の分野でも精力的に活動中。

ホームページ
https://yuriko-hara.jimdosite.com/

茂木大輔

企画・指揮・おはなし

茂木大輔

Daisuke Mogi

ミュンヘン国立音楽大学大学院修了(オーボエ専攻)、バンベルク交響楽団、バイエルン放送交響楽団などの首席オーボエ奏者に客演するほか、ヘルムート・リリンクのもとバッハ演奏を集中的に学び、録音や世界各地への演奏旅行などに参加。1986年からシュトウットガルト・フィルハーモニー管弦楽団の第 1 オーボエ奏者を経て、1990年から2019年まで30年間に渡り NHK 交響楽団首席オーボエ奏者を務めた。2018年、その功績により N 響より「有馬賞」受賞。ソロ、協奏曲、音楽祭への出演など多方面で活躍するほか、独自の企画による多数のCDをリリースして注目を集める。
1996年から指揮活動に入り、オーケストラの楽器やバッハの教会音楽、ベートーヴェンのシンフォニーなどの解説コンサートで全国的に活躍。二ノ宮知子「のだめカンタービレ」原作に取材協力、ドラマ、アニメ、映画では「クラシック音楽監修」と俳優の演奏演技指導などを担当した。自ら企画・指揮する「生で聴く“のだめカンタービレ”の音楽会」を全国展開。一流オーケストラとソリストを起用して本格的演奏で高い評価を得ている。
現在までに仙台フィル、山形交響楽団、アンサンブル金沢、東京フィル、名古屋フィル、京都市響、日本センチュリー交響楽団、兵庫PAC 、広島交響楽団、九州交響楽団、琉球交響楽団、シエナ・ウインド・オーケストラなど多数の団体を指揮している。
山下洋輔・筒井康隆をはじめジャズや文学とのコラボレーション、作曲、即興、「N響アワー」「ららら・クラシック」「DJ クラシック」「たけしの誰でもピカソ」「 NMB とまなぶくん」などテレビ・ラジオへの出演、 NHK カルチャーを始めとするレクチャー、音楽史研究、楽譜研究など活動は硬軟含めて極めて多岐に渡っている。
2009年より、4年間にわたって東京音楽大学および大学院にて指揮実技、音楽理論、スコアリーデイングなどを学び、2013年優秀な成績をもって大学院を卒業。指揮を故 岩城宏之、および外山雄三、広上淳一、田代俊文、三河正典の各氏に師事。執筆でも知られ、「決定版オーケストラ楽器別人間学」(中公文庫)、など多数の著書がある。