2023-2024 シーズンコンサート

  • 定期演奏会
  • チケット発売中

第149回定期演奏会 カンブルラン チャイコフスキー&幻想交響曲【3月22日(金)公演】

日時

2024年3月22日(金) 開演 15:00(開場 14:15)

会場

兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール

フランスの名匠カンブルラン
PAC定期初登場!

フランスの名匠、シルヴァン・カンブルラン。待望のPAC定期初登場です。元々は2022年2月の定期演奏会で出演予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大による渡航制限のため来日が叶わず、2年越しの登場となります。
前半はチャイコフスキーの名曲、ピアノ協奏曲第1番。ソリストにはドイツ生まれ・ドイツ育ちの新星、中川優芽花を迎えます。2021年クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで優勝して以来、世界各地のオーケストラやフェスティバルにソリストとして招かれ、着実にファンを増やしている中川。今聴いておきたい逸材を兵庫で聴ける貴重な機会です!
後半のプログラムはカンブルランと同じくフランス出身の作曲家・ベルリオーズの「幻想交響曲」。恋に破れた芸術家の「幻想」の世界が、全5楽章に渡って繰り広げられます。長いキャリアの中で数々の名演を生み出してきたマエストロと、フレッシュなPACメンバーとの初共演。期待が高まります!

曲目

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 op.23
ベルリオーズ:幻想交響曲 op.14

出演

指揮/シルヴァン・カンブルラン
ピアノ/中川優芽花
管弦楽/兵庫芸術文化センター管弦楽団

主催

兵庫県、兵庫県立芸術文化センター

助成
文化庁
料金

A 4,000円 B 3,000円 C 2,000円 D 1,000円(全席指定/税込)

チケット

芸術文化センター会員先行予約受付開始 9/16(土)
一般発売 9/17(日)

■インターネット予約
芸術文化センター https://www.gcenter-hyogo.jp
イープラス https://eplus.jp  
チケットぴあ https://pia.jp/t/
ローソンチケット https://l-tike.com

■電話予約
芸術文化センターチケットオフィス
0798-68-0255 
直接購入 芸術文化センター2階総合カウンター(9/18(月・祝)より、残席がある場合のみ)

■お問い合わせ先
芸術文化センターチケットオフィス(10:00~17:00 月曜休み※祝日の場合翌日)
0798-68-0255

※プレイガイドでのお取り扱いについては各プレイガイドにお問い合わせください。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※やむを得ない事情により、出演者・曲目等が変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

シルヴァン・カンブルラン

指揮

シルヴァン・カンブルラン

Sylvain Cambreling

フランス生まれ。伝統にとらわれない独創的なプログラミングで名高い。バーデン=バーデン・フライブルクSWR交響楽団の首席指揮者、クラングフォルム・ウィーンの首席客演指揮者を務め、2018/2019年シーズンよりハンブルク交響楽団の首席指揮者に就任した。2010年から19年まで読売日本交響楽団の首席指揮者。現在は同楽団の桂冠指揮者の称号を得ている。 また2012年から2018年までシュトゥットガルト州立歌劇場の音楽総監督を務めた。ブリュッセルのモネ劇場やフランクフルト歌劇場の音楽監督も務めた。ザルツブルク音楽祭、パリ国立オペラ座などでも幅広くオペラを指揮している。これまでにウィーン・フィル、ベルリン・フィル、チューリッヒ・トーンハレ管、フランクフルト放送響、ベルリン放送響、フィルハーモニア管、BBC響、ベルリン・ドイツ響、ウィーン響、パリ管、クリーブランド管、ロサンゼルス・フィル、サンフランシスコ響、モントリオール響などと共演している。

中川優芽花

ピアノ

中川 優芽花

Yumeka Nakagawa

一度でもその演奏に接したものの心を捉えて離さない、久方ぶりの大器との評判の現在21歳のドイツに生まれ育った日本人ピアニスト。
2021年クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで優勝、併せて聴衆賞も獲得して以降注目を浴びている。2014年にドイツ連邦青少年音楽コンクールで満点を獲得して優勝を果たし、同年ワイマールの若いピアニストの為のフランツ・リスト国際コンクールで第2位を獲得。近年はデュッセルドルフのロベルト・シューマン国際コンクール(2019)およびイェネ=タカーチ国際コンクールにも優勝。クリスティアン・ツァハリアスの指揮の下、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番やモーツァルトの2台のピアノのための協奏曲KV365をはじめとしてオーケストラとの共演の機会も増え、ヴェルビエ音楽祭に出演2019年以降ウィグモア・ホール、トーンハレ、ワイマールハレなどで演奏する機会が増えている。
現在ワイマールのフランツ・リスト音楽大学においてグリゴリー・グルズマン教授のもと研鑽を積んでいる。