2022-2023 シーズンコンサート

  • 定期演奏会
  • チケット発売中

兵庫芸術文化センター管弦楽団 2022-23シーズン
第141回定期演奏会
下野竜也 ザ・ブリティッシュ!【5月27日(土) 公演】

日時

2023年5月27日(土)15:00(開場 14:15)

会場

兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール

気高く勇壮なイギリス音楽の世界

創設以来、PACを成長に導き、聴衆には発見をもたらすプログラムを届けてくれるおなじみの指揮者、下野竜也。今回彼が用意したのは、オール・イギリス・プログラム。
20世紀の作曲家、ウォルトンが、第二次世界大戦只中の1942年に作曲した「《スピットファイア》前奏曲とフーガ」は、映画音楽からの編曲作品。映画「スピットファイア」は、イギリスの航空技術者R.J.ミッチェルが、名戦闘機スピットファイアを生み出すまでを描いた伝記映画です。戦闘機の勇姿を思わせる力強い音楽は、コンサートの幕開けにふさわしい華やかなもの。
あわせて取り上げるのは、イギリスが誇る大作曲家、エドワード・エルガー。優れたヴァイオリニストでもあった彼の手によるヴァイオリン協奏曲に加え、エルガーの名を世界に知らしめた代表作で、謎(エニグマ)の主題が多彩に展開してゆく「エニグマ変奏曲」を演奏します。
ソリストは、若き人気ヴァイオリニスト、三浦文彰。大河ドラマ「真田丸」コンビがPAC定期で集うのは、2018年以来5年ぶりです。

曲目

ウォルトン:「スピットファイア」前奏曲とフーガ
エルガー:ヴァイオリン協奏曲
エルガー:エニグマ変奏曲

出演

指揮:下野 竜也
ヴァイオリン:三浦 文彰
管弦楽:兵庫芸術文化センター管弦楽団

主催

兵庫県
兵庫県立芸術文化センター

助成
文化庁
料金

A ¥4,000/B ¥3,000/C ¥2,000/D ¥1,000

※チケットのご購入には先行予約会員の登録が必要です。
会員登録はこちら(登録無料)

★座席のランク確認はこちら(PDF)

最前列はB列です。

チケット

2/25(土)10:00AMより会員先行予約開始!

一般 2023年2月26日(日) 

■芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255
 (10:00AM‐5:00PM/月曜休み ※祝日の場合翌日)
 2/25(土)10:00AMより会員先行予約受付開始
 2/26(日)より一般発売
 窓口での発売2/28(火)より開始(残席がある場合のみ)

■チケット取扱いプレイガイド
 2/26(日)10:00AMより発売(インターネット限定)
 ○チケットぴあ
 ○ローソンチケット
 ○イープラス
 ※プレイガイドでのお取り扱いについては、各プレイガイドにお問い合わせください。

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※やむを得ない事情により、出演者等が変更となる場合があります。
あらかじめご了承ください。

下野 竜也

指揮

下野 竜也

Tatsuya Shimono

広島交響楽団音楽総監督(2017年4月〜)、広島ウインド・オーケストラ音楽監督(2011年1月〜)、京都市交響楽団常任首席客演指揮者(2017年4月〜2020年3月)。
鹿児島生まれ。2000年東京国際音楽コンクール<指揮>優勝と齋藤秀雄賞受賞、2001年ブザンソン国際指揮者コンクールの優勝で一躍脚光を浴びる。
国内の主要オーケストラに定期的に招かれる一方、ローマ・サンタ・チェチーリア国立アカデミー管、チェコフィルハーモニー管、シュツットガルト放送響、シリコンバレー響など国際舞台での活躍が目覚ましい。
これまでに読売日本交響楽団初代正指揮者、同首席客演指揮者、京都市交響楽団常任客演指揮者を歴任。
京都市立芸術大学音楽学部指揮専攻教授、東京音楽大学吹奏楽アカデミー特任教授、東京藝術大学音楽学部指揮科非常勤講師として後進の指導にもあたる。
太鼓芸能集団「鼓童」ミュージックアドバイザー。
鹿児島市ふるさと大使。おじゃんせ霧島大使。

公式ホームページ
http://www.tatsuyashimono.com/

ヴァイオリン

三浦 文彰

Fumiaki Miura

2009年世界最難関とも言われるハノーファー国際コンクールにおいて、史上最年少の16歳で優勝。
これまで、宮崎国際音楽祭、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭などに参加。ハンブルク北ドイツ放送響、オレゴン響など国内外で主要オーケストラと共演している。2012年プラハ・フィル、2013年にはシュトゥットガルト放送響との日本ツアーを行った。2013年は、ペンデレツキ80歳記念演奏会にも出演。2014年は、ルーブルでのリサイタルでパリ・デビューを果たした。 2015年には、リントゥ指揮ベルリン・ドイツ響との共演を得て、エイベックス・クラシックスからCDをリリース。 2016年NHK大河ドラマ「真田丸」のテーマ音楽で、ヴァイオリン・ソロを演奏。2017年秋は、フェドセーエフ指揮チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラとのツアーを予定している。
2009年度第20回出光音楽賞受賞。
使用しているヴァイオリンは、宗次コレクションより貸与されたストラディヴァリウス 1704年製作 "Viotti"。