2022-2023 シーズンコンサート

  • 定期演奏会
  • チケット発売中

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第136回定期演奏会
ハチャトゥリアン&ベートーヴェン第7番【10月9日(日)公演】

日時

2022年10月9日(日) 開演 3:00 PM(開場 2:15 PM)

会場

兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール

躍動するリズムと力強く鮮烈なハーモニー

第136回定期演奏会で取り上げられるのは、躍動感とエネルギーがあふれる二つの作品。 まずは、「剣の舞」でよく知られ、20世紀のソ連時代に活躍した作曲家、ハチャトゥリアンのヴァイオリン協奏曲。疾走するようなヴァイオリンと共に始まる楽曲は、民族音楽の香りをふんだんに取り込んだ名曲です。ソリストは、卓越した演奏テクニックを持ち、さらにテレビなどのメディアでも人気を集める、神戸出身ヴァイオリニストの木嶋真優。情熱的な表現に期待できそう。後半に演奏されるのは、ドラマ「のだめカンタービレ」のオープニングでもおなじみ、ベートーヴェンの交響曲第7番。ワーグナーが“舞踏の神化”と称したその力強いリズムとメロディは、聴いていると心が躍り、前向きなエネルギーを受け取ることができるはずです。 指揮は、PAC定期初登場、ドイツの指揮者一家に生まれた、ミヒャエル・ザンデルリンク。世界の名門オーケストラと共演を重ねる手腕で、PACから新しい魅力を引き出してくれるでしょう。どうぞお楽しみに。

曲目

シュトラウスⅡ:喜歌劇「こうもり」序曲(6/9追記)
ハチャトゥリアン: ヴァイオリン協奏曲 ニ短調
ベートーヴェン: 交響曲 第7番 イ長調 op.92

出演

指揮:ミヒャエル・ザンデルリンク
ヴァイオリン:木嶋 真優
管弦楽:兵庫芸術文化センター管弦楽団

主催

兵庫県、兵庫県立芸術文化センター

助成
文化庁
料金

A4,000円 B3,000円 C2,000円 D1,000円 (全席指定・税込)

チケット

チケット発売 6/19(日)

インターネット予約
■芸術文化センター
チケット情報はこちら
■イープラス
http://eplus.jp
■チケットぴあ
http://pia.jp/t/
■ローソンチケット
http://l-tike.com

電話予約
■芸術文化センターチケットオフィス
0798-68-0255 

直接購入
■芸術文化センター2階総合カウンター(6/21(火)より、残席がある場合のみ)

チケット予約
■芸術文化センター
チケット情報はこちら

【お問合せ】芸術文化センターチケットオフィス
0798-68-0255(10:00AM~5:00PM 月曜休 ※祝日の場合翌日)

※プレイガイドでのお取り扱いについては各プレイガイドにお問い合わせください。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※やむを得ない事情により、出演者・曲目等が変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

ミヒャエル・ザンデルリンク

指揮

ミヒャエル・ザンデルリンク

Michael Sanderling

ミヒャエル・ザンデルリンクは、2011-2019にわたり、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めた。2021/22シーズンからはルツェルン交響楽団の首席指揮者に就任する。これは、同楽団との10年以上にわたる緊密なコラボレーションの結果である。客演指揮者としても需要が高く、サンフランシスコ交響楽団で米国デビューの後、インディアナポリス交響楽団とシアトル交響楽団との演奏を予定。ヨーロッパでは、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、SWR交響楽団、BBCスコッティッシュ交響楽団、ザルツブルク・モーツァルテウム、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団、との演奏が予定されている。近年のシーズンでは、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、パリ管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団などがある。

木嶋真優

ヴァイオリン

木嶋 真優

Mayu Kishima

2016年第1回上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクール優勝。2000年第8回ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール・ジュニア部門にて日本人として最年少で最高位受賞。2011年ケルン国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で優勝、併せてその優れた音楽的解釈に対しDavid Garrett賞も受賞した。2002年度文化庁海外派遣研修員。2015年秋にはケルン音楽大学大学院を満場一致の首席で卒業、ドイツの国家演奏家資格を取得。2020年12月にはキングレコードより新譜CD「seasons」をリリース。PACとは第22回定期演奏会(2009年)以来、たびたび共演を重ねている。使用楽器はNPO法人 イエロー・エンジェル、宗次コレクションより特別に貸与されたAntonio Stradivari 1699 ”Walner”。