2021-2022 シーズンコンサート

  • 定期演奏会
  • チケット発売中

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第133回定期演奏会
佐渡裕 ショスタコーヴィチ5番【5月13日(金)公演】

日時

2022年5月13日(金) 開演 3:00 PM(開場 2:15 PM)

会場

兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール

バーンスタインゆかりの傑作を楽しむ

佐渡裕芸術監督、今シーズン最後の登場となる、第133回定期演奏会。取り上げるのは、若き日に学んだ師匠であるバーンスタインゆかりの作品たちです。
20世紀アメリカを代表する作曲家であり、アメリカ音楽を作ったとされるコープランドは、バーンスタインが師と仰ぎ、深い親交を結んだ人物。ジャズの要素を取り入れたクラリネット協奏曲は、柔和で美しく、ときに流れる軽快な音楽が魅力の作品。クラリネットのソロを演奏するのは、PACの一期生で、現在ミュンヘン・フィルハーモニー首席奏者をつとめるラスロ・クティ。佐渡芸術監督が「当時から本当に上手かった!」と回想するOBの凱旋出演です。躍動感あふれる音楽が魅力の「プレリュード、フーガ&リフス」は、佐渡芸術監督がバーンスタイン最高傑作の一つとする作品。そして最後に置かれているのは、バーンスタインの十八番だった、ショスタコーヴィチの交響曲第5番。熱いタクトでPACを導き、強いメッセージの込められたドラマティックな音楽を奏であげます。

曲目

コープランド:クラリネット協奏曲
バーンスタイン:プレリュード、フーガとリフス
ショスタコーヴィチ:交響曲 第5番 ニ短調 op.47

出演

指揮・芸術監督/佐渡 裕
クラリネット/ラスロ・クティ

主催

兵庫県、兵庫県立芸術文化センター

料金

A 4,000円 B 3,000円 C 2,000円 D 1,000円(全席指定/税込)

チケット

発売 2022年1月8日(土)

インターネット予約
■芸術文化センター
チケット情報はこちら
■イープラス
http://eplus.jp/
■チケットぴあ
http://pia.jp/t/
■ローソンチケット
http://l-tike.com/

電話予約
■芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255 

直接購入
■芸術文化センター2階総合カウンター(1/9(日)より、残席がある場合のみ)

チケット予約
■芸術文化センター 0798-68-0255
チケット情報はこちら

■お問合せ
芸術文化センターチケットオフィス
0798-68-0255(10:00AM~5:00PM 月曜休 ※祝日の場合翌日)

新型コロナウイルス感染予防対策 ご協力のお願い
<チケットご購入のお客様へお願い>
新型コロナウイルス感染予防対策にご協力をお願いします。
※芸術文化センターでのご購入時には、来場者情報把握のため、先行予約会員(無料)へのご登録をお願いしております。なお、お一人様2枚までとさせていただきます。
※入場者数を制限して販売する場合があります。
※プレイガイドでの販売はインターネットのみとさせていただきます。取扱いについては各プレイガイドにお問合せください。
※37.5℃以上の発熱がある方は入場をお断りさせていただきます。
※マスクを着用されない方はご入場いただけません。(マウスシールド不可)
※感染の再拡大等により、公演の中止や、出演者、公演内容、座席配置等が変更となる場合がございます。
 
<ご来場前にウェブサイト掲載の「当センターをご利用のお客様へ」をご確認ください>

※プレイガイドでのお取り扱いについては各プレイガイドにお問い合わせください。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※やむを得ない事情により、出演者・曲目等が変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

佐渡裕

芸術監督

佐渡 裕

Yutaka Sado

京都市立芸術大学卒業。故レナード・バーンスタイン、小澤征爾らに師事。1989年ブザンソン指揮者コンクール優勝。1995年第1回レナード・バーンスタイン・エルサレム国際指揮者コンクール優勝。これまでパリ管弦楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、ケルンWDR交響楽団、バイエルン国立歌劇場管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン交響楽団、北ドイツ放送交響楽団(現・NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団)等、欧州の一流オーケストラに多数客演を重ねている。2015年より、オーストリアを代表し110年以上の歴史を持つトーンキュンストラー管弦楽団音楽監督に就任し、欧州の拠点をウィーンに置いて活動している。オランジュ音楽祭「蝶々夫人」(演奏:スイス・ロマンド管弦楽団)、トリノ王立歌劇場「ピーター・グライムズ」、「カルメン」、「フィガロの結婚」など海外のオペラ公演の実績も多数。国内では兵庫県立芸術文化センター芸術監督、シエナ・ウインド・オーケストラの首席指揮者を務める。CDリリースは多数あり、最新盤はトーンキュンストラー管弦楽団を指揮した17枚目のCD「ブラームス:交響曲第2番/ハイドンの主題による変奏曲」を2021年8月にリリース。著書に「僕はいかにして指揮者になったのか」(新潮文庫)、「棒を振る人生~指揮者は時間を彫刻する~」(PHP文庫/新書)など。 2022年4月より新日本フィルハーモニー交響楽団ミュージック・アドヴァイザー、23年4月より同楽団音楽監督に就任が決定している。

オフィシャル ファンサイト : http://yutaka-sado.meetsfan.jp/

ラスロ・クティ

クラリネット

ラスロ・クティ

László Kuti

グラーツ国立音楽大学に進み、プラハ・コンチェルティーノ国際コンクールで優勝。兵庫芸術文化センター管弦楽団のコア・メンバー(2005~2008在籍)を経て、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団オーケストラ・アカデミーの奨学生となった。2009 年、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団首席奏者に就任。その後も定期的にベルリン・フィル、ベルリン・ドイツ交響楽団、シュターツカペレ・ドレスデンに客演している。ミュンヘン・フィルのオーケストラ・アカデミーを始め、ウィーン・フィルのオーケストラ・アカデミー、パシフィック・ミュージック・フェスティバルでも客演教授として後進の指導にあたる。