2019-2020 シーズンコンサート

  • 定期演奏会
  • 予定枚数終了

第119回定期演奏会 カーチュン・ウォンの「巨人」&メネセスのショスタコーヴィチ

日時

2019年11月22日(金) ・ 23日(土・祝) ・ 24日(日) 各日 開演 3:00PM(開場 2:00PM)

会場

兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール

世界が注目する気鋭がPAC定期初登場
名チェリストの自在な表現を聴く
今、世界から熱い注目を集める若手指揮者カーチュン・ウォンが、PAC定期に初登場。1986年シンガポール生まれ。大指揮者クルト・マズア晩年の愛弟子として学び、2016年グスタフ・マーラー国際指揮者コンクールに優勝。ニュルンベルク交響楽団首席指揮者に就任するなど、急激に活躍の場を広げる気鋭です。
ショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第1番でソリストに迎えるのは、ブラジル生まれの名手、アントニオ・メネセス。キレのあるリズム、斬新なハーモニーを持つショスタコーヴィチの世界を、ベテランの自由自在な音楽表現で存分にお楽しみください。
そして後半は、マーラーが20代後半に書いた自伝的な交響曲といわれる、第1番「巨人」。タイトルは、ジャン・パウルの同名の小説に由来し、若々しい情熱、苦悩や葛藤、未来への意欲が大編成のオーケストラで表現されます。
カーチュン・ウォンが、同世代のPACとの間でどんな化学反応を起こすのか。どうぞご期待ください。

曲目

ショスタコーヴィチ : チェロ協奏曲 第1番 変ホ長調 op.107
マーラー : 交響曲 第1番 ニ長調 「巨人」

曲目解説

出演

指揮/カーチュン・ウォン
チェロ/アントニオ・メネセス
管弦楽/兵庫芸術文化センター管弦楽団

主催

兵庫県、兵庫県立芸術文化センター

助成

舞台芸術創造活動活性化事業
文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
独立行政法人 日本芸術文化振興会

カーチュン・ウォン

指揮

カーチュン・ウォン

Kahchun Wong

ニュルンベルク響首席指揮者カーチュン・ウォンは、現在最も刺激的で革新的な若手音楽家の一人である。マズアの愛弟子であった彼は、16年グスタフ・マーラー国際指揮者コンクールで優勝、直後にドゥダメルの招きを受け、17年にロス・フィルで彼のアシスタントを務めた。
これまでにニューヨーク・フィル、ロス・フィル、チェコ・フィルをはじめとする著名オーケストラを指揮、シンシナティ響、ハレ管等へのデビュー、バンベルク響、ロイヤル・リヴァプール・フィル、トゥールーズ・キャピトル国立管との再共演が予定されている。
また、ウォンは、グスタフ・マーラーの孫娘であるマリーナ・マーラーと共に、子供たちに音楽を届けるプロジェクト・インフィニチュードを共同で創設。昨年の新型コロナウイルス世界的感染流行中には、世界各地の1000名にのぼる演奏家に働きかけてベートーヴェンの『歓喜の歌』のデジタル・シングアロングを作り、それぞれ多額の寄付を集めた。
2019年ドイツ功労勲章が授与された。

アントニオ・メネセス

チェロ

アントニオ・メネセス

Antonio Meneses

1957年、ブラジルの音楽一家に生まれ、10歳でチェロをはじめる。16歳で著名イタリア人チェロ奏者アントニオ・ヤニグロと出会い、門下生となり渡欧。1977年にはミュンヘン国際音楽コンクール、1982年にはモスクワのチャイコフスキー国際コンクールで優勝を果たす。
世界有数のオーケストラや世界を代表する指揮者との共演も多く、その中には、ベルリン・フィル、コンセルトヘボウ管、ロンドン響、サンクト・ペテルブルグ響、ニューヨーク・フィル、カラヤン、ヤンソンス、アバド、テミルカーノフ等が挙げられる。また室内楽奏者としても高い評価を得ている。
レコーディングも活発に行ってきており、ドイツ・グラモフォンから発売されたカラヤン指揮ベルリン・フィルとのブラームスの二重協奏曲(vl :アンネ=ゾフィー・ムター)とR・シュトラウスの「ドン・キホーテ」の2枚は現在でも高い評価を得ている。 後進の指導にも熱心で、2008年からはベルン音楽院で教えている。

アントニオ・メネセス公式サイト http://antoniomeneses.com/