2024-2025 シーズンコンサート

  • 定期演奏会
  • 近日発売予定

第154回定期演奏会【10月18日(金)公演】

日時

2024年10月18日(金) 開演 15:00(開場 14:15)

会場

兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール

世界屈指のチェリスト&生誕110年を迎える伊福部昭の交響曲

各地のオーケストラでますます活躍の場を広げる下野竜也が登場。前半はイタリアが誇るチェリスト、マリオ・ブルネロを迎えてのドヴォルザークのコンチェルト。後半はショスタコーヴィチを弦楽合奏にて、そして伊福部昭がアイヌ文化から着想を得た交響曲「シンフォニア・タプカーラ」をお届けします。

曲目

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 op.104, B.191
ショスタコーヴィチ:「弦楽四重奏のための2つの小品」より 第1曲“エレジー”(弦楽合奏版)
伊福部昭:シンフォニア・タプカーラ

出演
主催

兵庫県
兵庫県立芸術文化センター

助成
文化庁
料金

A 5,000円 B 4,000円 C 2,500円 D 1,000円(全席指定/税込)

チケット

1回券は2024年6月から順次発売いたします。

■お問い合わせ先
芸術文化センターチケットオフィス
0798-68-0255

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※やむを得ない事情により、出演者・曲目等が変更となる場合があります。
あらかじめご了承ください。

下野 竜也

指揮

下野 竜也

Tatsuya Shimono

鹿児島生まれ。2000年東京国際音楽コンクール、2001年ブザンソン国際指揮者コンクール優勝。NHK交響楽団をはじめ国内の主要オーケストラの定期演奏会に毎年のように招かれる一方、ローマ・サンタ・チェチーリア国立アカデミー管、チェコ・フィル、サンノゼ響、シンフォニア・ヴァルソヴィア、バルセロナ響をはじめとした国際舞台でも活躍している。オペラにおいても新国立劇場、二期会、日生劇場をはじめ注目の公演で指揮を務めている。 これまでに読売日本交響楽団正指揮者、同首席客演指揮者、京都市交響楽団常任首席客演指揮者を歴任。2011年から広島ウインドオーケストラ音楽監督、2017年から広島交響楽団音楽総監督を務める。2023年10月、NHK交響楽団正指揮者に就任。2024年4月には、札幌交響楽団首席客演指揮者ならびに広島交響楽団桂冠指揮者に就任予定。 京都市立芸術大学、東京藝術大学、東京音楽大学にて後進の指導にもあたる。 齋藤秀雄メモリアル基金賞、芸術選奨文部科学大臣賞、東燃ゼネラル音楽賞奨励賞、有馬賞、広島市民賞、中国文化賞など受賞多数。 鹿児島市ふるさと大使。おじゃんせ霧島大使。 NHK大河ドラマテーマ曲収録(これまでに6作品)、NHKFM「吹奏楽のひびき」パーソナリティを務めるなど、放送においても活躍している。PACとは定期演奏会や特別演奏会で多数共演を重ねている。

公式ホームページ
http://www.tatsuyashimono.com/

マリオ・ブルネロ

チェロ

マリオ・ブルネロ

Mario Brunello

1986年国際チャイコフスキー・コンクールで優勝。以降、世界の檜舞台で活躍し、現在はソリストのみならず、イタリアのドロミテ音楽祭の芸術監督を務めるなど多彩な才能を発揮。近年はチェロ・ピッコロでの演奏も好み、バロックから現代に至るレパートリーが高く評価されている。