2021-2022 シーズンコンサート

  • 定期演奏会
  • チケット発売中

兵庫芸術文化センター管弦楽団 第128回定期演奏会
ユベール・スダーン 古典派からロマン派の名曲たち【11月26日(金)公演】

日時

2021年11月26日(金) 開演 3:00PM(開場 2:00PM)

会場

兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール

名匠スダーンが届ける、至高のハーモニー
世界の主要オーケストラの音楽監督を歴任し、日本でも高い人気を誇る指揮者のユベール・スダーン。PAC定期には6年ぶりの登場。その間、5シーズン全10回にわたり行われた「モーツァルトの旅」でPACと共演を重ね、信頼関係を構築。さらに、コロナ禍の2020年も特別演奏会のために来日し、感動を届けてくれました。
そんなスダーンが今回PACと挑むのは、彼が得意とする、ウィーン古典派から前期ロマン派の音楽史を俯瞰するプログラム。なかでも19歳のシューベルトが作曲し、自ら「悲劇的」と名付けた交響曲第4番では、細やかで的確な音楽づくりにより、音楽に秘められたドラマと力強さを浮き彫りにしてくれるでしょう。
ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲でソリストをつとめるのは、初登場、ミュンヘン生まれのヴィヴィアン・ハーグナー。名だたる巨匠から認められる実力派で、知的かつ情熱的な音楽が魅力です。
いずれもオーケストラにとって大切なレパートリー。スダーンがPACをさらなる高みに導く瞬間を、どうぞお聴き逃しなく。

曲目

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.61
ハイドン:交響曲 第1番 ニ長調  Hob.Ⅰ:1
シューベルト:交響曲 第4番 ハ短調  D417「悲劇的」

出演

指揮/ユベール・スダーン
ヴァイオリン/ヴィヴィアン・ハーグナー
管弦楽/兵庫芸術文化センター管弦楽団

主催

兵庫県、兵庫県立芸術文化センター

助成
文化庁
料金

A 4,000円 B 3,000円 C 2,000円 D 1,000円(全席指定/税込)

チケット

発売 6/13(日)

インターネット予約
■芸術文化センター
チケット情報はこちら
■イープラス
http://eplus.jp
■チケットぴあ
http://pia.jp/t/
■ローソンチケット
http://l-tike.com

電話予約
■芸術文化センターチケットオフィス
0798-68-0255 

直接購入
■芸術文化センター2階総合カウンター(6/15(火)より、残席がある場合のみ)

チケット予約
■芸術文化センター
チケット情報はこちら

【お問合せ】芸術文化センターチケットオフィス
0798-68-0255(10:00AM~5:00PM 月曜休 ※祝日の場合翌日)

※プレイガイドでのお取り扱いについては各プレイガイドにお問い合わせください。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※やむを得ない事情により、出演者・曲目等が変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

ヴィヴィアン・ハーグナー

ヴァイオリン

ヴィヴィアン・ハーグナー

Viviane Hagner

その知的な音楽性と情熱的な芸術性で高く評価されているハーグナーは、12歳で国際的にデビューし、その翌年、テルアビブで行われたイスラエル・フィルとベルリン・フィルの伝説的ジョイント・コンサート(ズービン・メータ指揮)に出演。以来、その演奏には深みと成熟度が加わり、それが落ち着きのあるステージ姿や圧倒的な自信に反映されている。
これまでにアシュケナージ、バレンボイム、エッシェンバッハ、サロネンをはじめとする著名指揮者の指揮により、ベルリン・フィル、ボストン響、シカゴ響、クリーヴランド管、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、ニューヨーク・フィル、フィルハーモニア管などと演奏。また、新作や埋もれていた作品も熱心に取り上げ、ウンスク・チンがハーグナーのために書いたヴァイオリン協奏曲は2002年にケント・ナガノ指揮・ドイツ交響楽団と世界初演、以後ヨーロッパ各地、アメリカ、ブラジルで演奏している。自身が設立したKrzyżowa-Music音楽祭芸術監督、2013年よりマンハイム音楽・舞台芸術大学教授。

ユベール・スダーン

指揮

ユベール・スダーン

Hubert Soudant

オランダ・マーストリヒト生まれ。ブザンソン国際指揮者コンクール優勝、カラヤン国際指揮者コンクール第2位。これまでに、ベルリン・フィル、ロンドン響、バンベルク響、ウィーン響、ミュンヘン・フィル、シュトゥットガルト放響、フランクフルト放響、ドレスデン・シュターツカペレ、ミラノ・スカラ座管弦楽団等、主要なオーケストラを指揮しているほか、パリ・バスティーユ・オペラや、パルマ、パレルモ、ボローニャなどの歌劇場でも指揮している。
メルボルン交響楽団首席客演指揮者、ユトレヒト交響楽団音楽監督などを歴任。ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の首席指揮者を経て、2004年9月に東京交響楽団の音楽監督に就任した。オペラでは、2006年新国立劇場で指揮した「皇帝ティートの慈悲」が、年間ベスト・オペラ公演に選ばれている。
国際的な音楽祭においても、プラハの春音楽祭、ザルツブルク・モーツァルト週間、ウィーン芸術週間、ラヴェンナ音楽祭など、数多くの音楽祭に参加している。
2004年7月、ザルツブルク市名誉市民およびザルツブルク州ゴールデン勲章を授与された。
兵庫芸術文化センター管弦楽団とは、定期演奏会やモーツァルト・シリーズで幾度も共演を重ねている。