第122回定期演奏会 指揮者変更のお知らせ

2020年3月13日(金)~15日(日)開催の「第122回定期演奏会」につきまして、当初、出演予定をしていた指揮者ジェレミー・ローレル氏は都合により来日できなくなりました。代わりに、ピエール=アンドレ・ヴァラド氏が指揮をいたします。なお、曲目・ソリストの変更はございません。

1959年フランス生まれのヴァラド氏は、自ら創設したアンサンブル・クールシルキュイの音楽監督、アテラス・シンフォニエッタ・コペンハーゲンの首席指揮者を経て、現在アンサンブル・オルケストラル・コンタンポランの首席客演指揮者を務める他、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、BBC交響楽団、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団、パリ管弦楽団をはじめ、数々のオーケストラと共演を重ねてきた豊富な経験を持つ名匠で、特に近代フランス作品や現代のレパートリーに熱心に取り組み、高い評価を受けています。

皆様には大変恐縮に存じますが、何卒ご了承くださいますよう、謹んでお願い申し上げます。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

※なお、この変更に伴うチケットの払い戻しはございません。


公演情報はこちら



ピエール=アンドレ・ヴァラド (指揮)
Pierre-André Valade, Conductor

1959年、フランスのコレーズ生まれ。1991年に仲間と共にアンサンブル・クールシルキュイを創設し、2008年1月まで音楽監督を務めた。2009年から2014年までアテラス・シンフォニエッタ・コペンハーゲンの首席指揮者、2013年よりアンサンブル・オルケストラル・コンタンポランの首席客演指揮者を務めている。
チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団に定期的に客演しているほか、これまでにBBC交響楽団、BBCスコティッシュ交響楽団、スコットランド室内管弦楽団、BBCウェールズ交響楽団、アルスター管弦楽団、アイルランド国立交響楽団、ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団、エーテボリ交響楽団、オーデンセ交響楽団、ノルボッテンNEO、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、パリ管弦楽団、アンサンブル・ムジーク・ファブリーク、アテネ国立管弦楽団、ミラノ・スカラ座フィル、モントリオール交響楽団、ソウル・フィルハーモニー管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、ロイヤル・ノーザン・シンフォニア、RAI国立交響楽団、ローマ・サンタ・チェチーリア国立管弦楽団、ジェノヴァ・カルロ・フェリーチェ劇場管弦楽団、アンサンブル・アンタルコンタンポラン、ロンドン・シンフォニエッタ、バーミンガム現代音楽グループ、Bit20アンサンブル、ブード・シンフォニエッタ、アンサンブル・コントルシャン、アスコ・シェーンベルク・アンサンブル、イ・ポメリッジ・ムジカーリ、ビルバオ交響楽団、ポーランド国立放送交響楽団、フィルハーモニア管弦楽団の現代音楽シリーズ「ミュージック・オブ・トゥデイ」、アンサンブル・モデルンなども指揮している。
特に近代フランス作品や20世紀および21世紀の現代レパートリーを得意としており、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、オーストラリアの主要な音楽祭やオーケストラから定期的に招かれ、その演奏が高く評価されている。数多くの録音の中でも、ジェラール・グリゼーとユーグ・デュフールの作品を収めたCDは、いずれも1999年のディアパソン・ドール年間賞とアカデミー・シャルル・クロのACCディスク大賞を受賞している。

11月3日(日・祝)開催 横尾忠則現代美術館オープンスタジオ・コンサートにPACメンバーが出演します

兵庫県西脇市出身の美術家である横尾忠則氏の作品が収蔵される、横尾忠則現代美術館(神戸市灘区)において開催されるオープンスタジオ・コンサートに、PACメンバーが出演します!
入場無料ですので、お気軽に足をお運びください。

日時 : 2019年11月3日(日・祝) 14:00開演
場所 : 横尾忠則現代美術館 1Fオープンスタジオ (入場無料)
 〒657-0837 兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30

出演者 :
 イ・ヘミ、河村 佳奈(ヴァイオリン)
 トーマス・ドゥボスキ(ヴィオラ)
 フルヴィオ・カプラ (クラリネット)

2019年度後期 アウトリーチ事業 共同制作先募集!

  兵庫芸術文化センター管弦楽団(PACオーケストラ)は、阪神・淡路大震災からの心と文化の復興のシンボルとして、2005年10月にオープンした兵庫県立芸術文化センター専属のオーケストラです。
  PACオーケストラでは、県民に愛されるオーケストラを目指し、また、演奏会場まで足を運ぶことが難しい方々にも身近に生の音楽に親しんでいただくことを目的に、県内各所において、独奏や小編成のアンサンブルによる演奏会(アウトリーチ)を行っております。
  つきましては、2019年度後期におけるアウトリーチ事業について、当楽団と共に企画から実施まで行っていただく共同制作先を下記のとおり募集いたします。


受付期間 2019年10月23日(水)~11月16日(土)
実施期間 2019年12月~2020年5月実施分
応募条件 ① 兵庫県内の個人または団体であること。
② 当事業の趣旨を理解し、マネジメントを行うことができる者であること。
③ 入場料は無料とし、営利を目的としない事業であること。
④ 演奏会場(市民会館等)以外の会場での実施であること。
実施条件 ① 実施会場は応募者が手配してください。その際、演奏会本番と同じ場所で
  リハーサル(サウンドチェックを兼ねる)が行えるようにしてください。
② 集客のための広報等は応募者が行ってください。
③ 次の経費は応募者でご負担ください。
       なお、演奏者の出演料は当方で負担します。
    a. 会場使用にかかる経費
    b. 広報にかかる経費
    c. 当日出演者の会場までの往復交通費(実費)
        ※編成や会場によって楽器や演奏に必要な物品の運搬が必要になります
         ので、ジャンボタクシーやタクシーを利用することがあります。
    d. 当日出演者の食事(昼、夕食等)
④ 演奏時間は1回30分程度としてください。
⑤ 楽団員による講演や楽器指導、式典や行事での演奏等は、
  当事業の対象外です。
⑥ 演奏内容及び楽器編成の指定はできません。
実施例 ・高齢者、障がい者等の福祉施設(弦楽四重奏)
・病院(弦楽四重奏)など
応募方法 所定の申込書に記載のうえ、ご郵送もしくはご持参ください。
申込書はこちらからダウンロードできます
派遣決定及び
実施までの流れ
<派遣決定>
募集締切(11/16) → 審査会の実施 → 可否決定 → 申込者への通知
                                                                                             (11月下旬以降)
<実  施>
開催日の決定 → 派遣奏者の決定 → 演奏曲目の連絡 (約3週間前)
送付先・
お問合せ
〒663-8204 兵庫県西宮市高松町2-22 兵庫県立芸術文化センター内
兵庫芸術文化センター管弦楽団アウトリーチ係(中島・薬袋(みない)
TEL: 0798-68-0203(9:00~17:00 ただし兵庫県立芸術文化センター休館日を除く)
FAX: 0798-68-0205(24時間受信可能)

第120回定期演奏会 佐渡裕指揮 フォーレ「レクイエム」の合唱メンバーを募集します!

2020年1月に開催する<阪神・淡路大震災25年事業 第120回定期演奏会>にて、佐渡裕芸術監督の指揮で上演するフォーレ作曲「レクイエム」の合唱メンバーを募集いたします。みなさまのご応募を心よりお待ちしております!

詳細は こちら

第117回定期演奏会 ブルックナー《交響曲第8番》使用楽譜変更のお知らせ

2019年9月13日(金)~15日(日)開催の第117回定期演奏会で演奏いたしますブルックナー《交響曲第8番》の使用楽譜を〔初稿/1887年ノヴァーク版〕とチラシ等で記載しておりましたが、佐渡芸術監督の意向により、〔ハース版〕に変更させていただきます。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
皆様のご来場を、心よりお待ち申し上げております。

詳細はこちら

2019-20シーズン・オープニング・フェスティバルは9月に明石で開催!

9月にスタートするPAC新シーズンの開幕を華々しく飾る<PACシーズン・オープニング・フェスティバル。2019-20シーズンは、兵庫県明石市にて開催します!
佐渡裕芸術監督と、国内外で活躍する一流奏者をゲストに迎えたPACが、3日間にわたって様々な音楽活動を繰り広げる、シーズン最初ならではのスペシャル企画。最終日の9月7日(土)には、アワーズホール・明石市立市民会館で演奏会も開かれます。
新しいメンバーを迎えた14シーズン目のPACは、どんなスタートを切るのか!?みなさまのお越しを心からお待ちしております。

公演詳細は こちら

第112回定期演奏会「路地よりの断章」(作曲:大澤壽人) が、ラジオ関西で一部放送

2019年2月に行われた第112回定期演奏会 「路地よりの断章」(作曲:大澤壽人)
(指揮:岩村力)の一部分がラジオ関西で放送されます。ぜひお聴きください。

■ラジオ関西「時間です!古田編集長」
放送日: 5月3日(金)16時30分~16時56分
特集:『神戸が生んだ偉大なる音楽家・大澤壽人の軌跡』

番組詳細はこちら