2017-18シーズン定期演奏会 ラインナップ速報!

2017-18シーズン通し券の発売を4月に控え、みなさまにラインナップをひと足先にお知らせいたします! 12シーズン目を迎えるPACの新たなる挑戦にどうぞご期待ください!


第99回定期演奏会
2017年9月15日(金)、16日(土)、17日(日)
指揮・芸術監督:佐渡 裕
ピアノ:ロジェ・ムラロ
オンド・マルトノ:原田 節

メシアン:トゥーランガリラ交響曲


第100回定期演奏会
2017年10月6日(金)、7日(土)、8日(日)
指揮:ヨエル・レヴィ
ピアノ:ピョートル・アンデルジェフスキ

コダーイ:ガランタ舞曲
バルトーク:ピアノ協奏曲 第3番
プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」組曲(抜粋)


第101回定期演奏会
2017年11月17日(金)、18日(土)、19日(日)
指揮:キース・ロックハート
ピアノ:反田 恭平

ガーシュウィン:パリのアメリカ人
ガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルー
コープランド:交響曲 第3番


第102回定期演奏会
2018年1月19日(金)、20日(土)、21日(日)
指揮・芸術監督:佐渡 裕
共演:オーケストラ・アンサンブル金沢

ハイドン:交響曲 第44番「悲しみ」
フォーレ:「ペレアスとメリザンド」組曲 
チャイコフスキー:幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」
チャイコフスキー:大序曲「1812年」


第103回定期演奏会
2018年2月16日(金)、17日(土)、18日(日)
指揮:下野竜也
ヴァイオリン:三浦文彰

ジェームス・マクミラン:ブリタニア
ブルッフ:スコットランド幻想曲
メンデルスゾーン:交響曲 第3番「スコットランド」


第104回定期演奏会
2018年3月9日(金)、10日(土)、11日(日)
指揮:ヘスス・ロペス=コボス
チェロ:ルイジ・ピオヴァノ

マスネ:組曲 第4番「絵のような風景」
サン=サーンス:チェロ協奏曲 第1番
レスピーギ:交響詩「ローマの噴水」
レスピーギ:交響詩「ローマの祭」


第105回定期演奏会
2018年4月20日(金)、21日(土)、22日(日)
指揮:井上道義
ヴァイオリン:オリヴィエ・シャルリエ

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ほか


第106回定期演奏会
2018年5月25日(金)、26日(土)、27日(日)
指揮:ユベール・スダーン
フルート:カール=ハインツ・シュッツ

ザンドナーイ:フルートとオーケストラのための夜想曲
モーツァルト:フルート協奏曲 第1番
ブラームス:交響曲 第2番


第107回定期演奏会
2018年6月22日(金)、23日(土)、24日(日)
指揮:ロッセン・ミラノフ
ピアノ:イノン・バルナタン

ストラヴィンスキー:バレエ音楽「ペトルーシュカ」(1947年版)ほか


※ 出演者、曲目等は変更となる場合があります
※ 開演時間は全公演3:00PMの予定です
※ 詳細は、4月号の先行予約会員NEWSでお知らせいたします

1月29日(日)開催 横尾忠則現代美術館オープンスタジオ・コンサートにPACメンバーが出演します!

兵庫県西脇市出身の美術家である横尾忠則氏の作品が収蔵される、横尾忠則現代美術館(神戸市灘区)において開催されるオープンスタジオ・コンサートに、PACメンバーが出演します!
入場無料ですので、お気軽に足をお運びください。

日時 : 2017年1月29日(日) 14:00開演
場所 : 横尾忠則現代美術館 1Fオープンスタジオ (入場無料)
 〒657-0837 兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30

出演者 :
 浅野みけら、小島愛子 (ヴァイオリン)
 ユリア・ハンツェル (オーボエ)
 ルシア・グラナドス (クラリネット)

PACメンバーが、芸文センターの大規模修繕期間ロビーイベントに出演いたします!

兵庫県立芸術文化センターは、1月から順次各ホールが大規模修繕に入ります。
大規模修繕の期間中、気軽に楽しめる入場無料のイベントを共通ロビー“ピアッツァ”で開催!ロビーならではの楽しい企画が満載です。
ロビーイベントにはPACのメンバーも出演いたしますので、ぜひ足をお運びください!

※いずれも会場は兵庫県立芸術文化センター2階共通ロビー“ピアッツァ”、入場無料です。

【PACメンバーが出演するコンサート】

どうぶつたちのおんがくかいII サン=サーンス:動物の謝肉祭
2017年2月18日(土) 14:00開演

おはなしとPACメンバーの演奏で楽しむ“動物の謝肉祭”!
出演 PACメンバーによる“アンサンブル・カーニバル!”


どうぶつたちのおんがくかいIII 聴いて!踊って!ザ・カーニバル・オブ・アニマルズ!
2017年2月19日(日) 14:00開演

たくさんの動物たちが出てくるサン=サーンスの「動物の謝肉祭」。神戸大学舞踊ゼミ、そして公募したワークショップ参加者とともに、見て楽しい、聴いて楽しい、“どうぶつたちのおんがくかい”を繰り広げます。
出演 PACメンバーによる“アンサンブル・カーニバル!”
   神戸大学舞踊ゼミ&ワークショップ参加者(演出・指導:関典子)
※ただいまワークショップ参加者(対象:5~10才)を募集しております。【1/22(日)締切】詳細はこちら


PACブラス・アンサンブル・コンサート~最後はみんなで吹奏族!~
2017年3月4日(土) 11:30開演

PACブラス・アンサンブルがお送りする、楽しい30分のコンサート。最後の1曲は吹奏楽の定番曲「星条旗よ永遠なれ」を、会場の皆様と一緒に大合奏!トランペット、リコーダー、ピアニカ、手拍子・・・なんでもあり!
出演 PACブラス・アンサンブル


PACアンサンブル×道化師(クラウン) コラボレーションコンサート
2017年3月5日(日) 11:30開演

プロの道化師(クラウン)として活動するフィリップ・エマールと、PACアンサンブルとの即興コラボレーション公演。彼の手にかかれば、演奏かも観客も彼のペースに巻き込まれ・・・演奏会はハチャメチャに???
何が起こるかは演奏会当日のお楽しみ。
出演 PACアンサンブル
   クラウン:フィリップ・エマール(元シルク・ドゥ・ソレイユ パフォーマー、俳優・歌手)


PACパーカッション・アンサンブル ワークショップ&ミニ・コンサート
2017年3月5日(日) 第1部 14:00開演(楽器づくり 13:30~14:00)/第2部 14:50開演

PACパーカッション・アンサンブルによる、ワークショップ&ミニ・コンサート。
第1部はペットボトル楽器を作って演奏するワークショップ。開演30分前から、ペットボトル楽器づくりコーナーをオープンします。ペットボトル(500ml)をもって、芸文センターに集合!
第2部は、本格的なパーカッション・アンサンブルのミニ・コンサート、様々な打楽器を使って、繊細なpp(ピアニッシモ)から力強いff(フォルティッシモ)まで、多彩な音色を響かせます。
出演 PACパーカッション・アンサンブル

議場コンサート2017 来場者申込受付中!

兵庫県議会で開催されるPACオーケストラによる議場コンサートに、抽選で200名をご招待いたします。ふるってご応募ください!
入場には往復ハガキによる事前申し込みが必要となります。【申込締切:2017年2月1日(水)必着】
お申し込み方法については、兵庫県議会HPをご覧ください。


日時 :2017年2月17日(金)開場9:30 開演10:00(約30分間)
場所 :兵庫県議会本会議場 (神戸市中央区下山手通5丁目10番1号)
出演者 :[指揮] 岩村 力 (兵庫芸術文化センター管弦楽団レジデント・コンダクター)
[管弦楽] 兵庫芸術文化センター管弦楽団
演奏曲目 : W.A.モーツァルト : 歌劇「フィガロの結婚」序曲
葉加瀬太郎(池田明子編曲) : 情熱大陸のテーマ
ヨハン・シュトラウスⅡ世 : 喜歌劇「こうもり」序曲
岡野貞一 : ふるさと
※演奏曲目は変更になる場合があります。

第97回定期演奏会 [2017.6/23(金)-25(日)] 出演者・プログラム変更のお知らせ

2017年6月23日(金)・24日(土)・25日(日)の第97回定期演奏会に出演予定の指揮者ネヴィル・マリナー氏のご逝去に伴い、これまで調整を続けて参りました結果、下記のとおり出演者及びプログラムの変更が決定いたしましたので、お知らせいたします。

指揮者のヤン・パスカル・トルトゥリエは、ピッツバーグ交響楽団首席客演指揮者等を経て、現在、BBCフィルハーモニック名誉指揮者およびアイスランド交響楽団首席指揮者を務めるほか、日本では東京都交響楽団と幾度も共演しており、精緻なアンサンブル作りで評価の高い世界的な名匠です。
加えまして、指揮者の変更に伴い、前半の曲目をモーツァルトの歌劇「後宮からの誘拐」序曲と、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲に変更いたします。ソリストには、2007年に21歳でチャイコフスキー国際コンクールに優勝し、今や世界的に目覚ましい活躍をされている神尾真由子をお迎えします。

マリナー氏のご逝去は非常に残念なことでございましたが、変更後につきましても皆様には充分にお楽しみいただけるものと考えておりますので、ご理解、ご了承賜りますようお願い申し上げます。

なお、今回の変更に伴う入場料の払い戻しは行いませんので、こちらも併せてご了承ください。



変更前出  演  者   / サー・ネヴィル・マリナー(指揮)
プログラム / モーツァルト : 交響曲 第39番 変ホ長調
ベートーヴェン : 交響曲 第1番 ハ長調
ブラームス : 交響曲 第4番 ホ短調

変更後出  演  者   / ヤン・パスカル・トルトゥリエ(指揮)
神尾真由子(ヴァイオリン)
プログラム / モーツァルト : 歌劇「後宮からの誘拐」序曲
チャイコフスキー : ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
ブラームス : 交響曲 第4番 ホ短調


ヤン・パスカル・トルトゥリエ (指揮)
ピッツバーグ響首席客演指揮者、サンパウロ響首席指揮者等を経て、現在はBBCフィルハーモニック名誉指揮者およびアイスランド交響楽団首席指揮者を務める。これまでにロンドン響、パリ管、コンセルトヘボウ管、チェコ・フィル、ミラノ・スカラ座管、ロスアンゼルス・フィル、ボストン響、シカゴ響、東京都交響楽団、メルボルン響等、世界各地の主要なオーケストラを指揮。父は往年の名チェリスト、ポール・トルトゥリエ。

神尾 真由子 (ヴァイオリン)
2007年に第13回チャイコフスキー国際コンクールで優勝し、世界中の注目を浴びた。これまで、チューリッヒ・トーンハレ管、ミュンヘン・フィル、BBC響、ベルリン・ドイツ響、ラハティ響などと共演。指揮者では、Z.メータ、C.デュトワ、V.アシュケナージ、J.ビェロフラーヴェク、I.フィッシャー、T.ソヒエフ、O.カムなどと共演。レコーディングではRCA Red Sealレーベルより最新CD「VIOLIN ENCORES」を含む5枚をリリース。


公演情報はこちら

2017.4/28(金)「パック・ストリングス!」出演者変更のお知らせ

4月28日(金)14時開演の室内楽シリーズ51「パック・ストリングス!」に出演予定のヴァイオリン:有希 マヌエラ・ヤンケ氏がこのたび5月に出産を控え、来日が不可能となりましたため、代わりまして、現在フランス国立リヨン管弦楽団のコンサートミストレスを務めるジェニファー・ギルバート氏が出演いたしますことを謹んでご案内させていただきます。
ジェニファー・ギルバート氏はこれまでに、2012年5月、2014年6月のパック・ストリングスにゲストとして出演し、これが3度目の登場となります。
楽しみにお待ちくださっていた皆様には大変恐縮に存じますが、何とぞご了承くださいますようお願い申しあげます。

なお、出演者変更に伴う曲目の変更はございません。
何とぞご来聴くださいますよう改めてお願い申し上げます。

公演情報はこちら

ジェニファー・ギルバート(ヴァイオリン) Jennifer Gilbert, violin

ボストングローブ紙によって「素晴らしい天賦の才能を持った若きヴァイオリニスト」と評された彼女は、フランス国立リヨン管弦楽団、オルケスタ・シンフォニカ・デ・ガリシア、メタモルフォーゼン室内オーケストラ、京都市交響楽団を始め、数多くのオーケストラとソリストとして共演しているほか、アメリカ、イギリス、フランス、日本等でリサイタルを開催。
室内楽奏者としては、レオン・フライシャー、エマヌエル・アックス、ピーター・ゼルキン、エレーヌ・グリモー、五嶋みどり、リチャード・ストルツマンなどと共演、マールボロ音楽祭をはじめ多くの音楽祭に参加している。
2001年より開催されている「ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン」では、音楽監督としても活躍。
ニューヨーク・フィルハーモニックのヴァイオリニストを両親に持ち、カーティス音楽院、ジュリアード音楽院で研鑽をつむ。
現在、フランス国立リヨン管弦楽団のコンサートマスターも務めている。
使用楽器:1781年製ガダニーニ

PACメンバーがドイツ・バイエルン放送のインタビューを受けました

2016年11月23日、バイエルン放送交響楽団が兵庫県立芸術文化センターにて公演を行い、PACコアメンバーがリハーサルを見学しました。
その模様と、コアメンバーへのインタビューの動画が、バイエルン放送交響楽団のFacebookページで公開されていますので、是非ご覧ください。

バイエルン放送交響楽団Facebookページ: https://www.facebook.com/BRSO/

#1 Probenbesuch in Nishinomiya

Mitglieder des Hyōgo Performing Arts Center Orchestra besuchten in Nishinomiya die Probe von Mahlers 9. Symphonie. Wir fragten die jungen Musiker nach ihren Eindrücken, Erfahrungen und Wünschen. #brsoontour Members of the Hyōgo Performing Arts Center Orchestra visited the rehearsal of Mahler's 9th Symphony in Nishinomiya. We asked the young musicians about their impressions, experiences and wishes. #brsoontour

Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunksさんの投稿 2016年11月25日