ヴァイオリン
伊藤さくら 高校2年生
音楽を作るには、何よりみんなの呼吸が合うことが必要です。音を生み出す瞬間、みんなの呼吸がぴったり合うと何ともいえません。しかし、年齢の幅もあるそれぞれ個性的なメンバーが同じ呼吸をするのは簡単なことではありません。まだ本当に”息が合う“、ところまで来ていませんが、これからまた一生懸命練習して、ホールに来て下さった方々を同じ呼吸に誘いこめるところまでレベルアップしたいと思います!

もどる