レジデント・コンダクター

岩村 力

Chikara Iwamura

  PACの皆さんとは、これまで数々の非常に印象的な本番をご一緒してきました。

  そのどれもが、メンバーそれぞれが持っている真摯で積極的な姿勢と、それをいつも支えて下さる聴衆の皆様とのコラボレーションそのものだと思います。これからはレジデント・コンダクターとして、さらに関係を深めつつ、クリエイティヴな演奏を追い求めていきたいと考えております。

  プログラムの多様化、若い世代へのメッセージの発信…などなど、PACに与えられている課題は常にたくさんありますが、佐渡裕芸術監督との緊密な連携のもとにひとつひとつクリアしていきたいと思います。

これからのPACにどうぞご期待下さい。

早稲田大学理工学部電子通信学科、および桐朋学園大学演奏学科を卒業。黒岩 英臣、飯守泰次郎、小沢征爾、R・シューマッヒャーの各氏に師事。マスタープレイヤーズ指揮者コンクール優勝、グゼッラ国際指揮者コンクール第2位など数多くのコンクールに入賞。

95年・97年、フェラーラ市立歌劇場の招待を受け「セヴィリアの理髪師」「ドン・ジョヴァンニ」の上演に際してクラウディオ・アバド氏のもとで研鑚を積む。 またシャルル・デュトワ、チョン・ミョンフン、ジャン・フルネ、イヴァン・フィッシャーなどのアシスタントを数多くつとめた。これまでにハンガリー響、N響、東京フィル、読売日響、日本フィル、
東京シティフィル、兵庫芸術文化センター管弦楽団、九響など内外のオーケストラを指揮し高い評価を得ている。

01年以降は、ザグレブ国際現代音楽祭、ザグレブ・フィルハーモニー交響楽団、バーリ交響楽団への出演など国際的に活躍の場を広げ、03年はNHK交響楽団の定期演奏会に登場し成功をおさめる。また07年にはアルゲリッチの要請によりイタリア・コルティナにてパドヴァ室内管弦楽団と共演、高い評価を博す。11年以降、関西フィル(ソリスト:神尾真由子)、兵庫芸術文化センター管弦楽団(ソリスト:林英哲)、東京シティ・フィル、仙台フィルの各定期演奏会にて日本人作曲家の作品を取り上げ、高い評価を博す。2015年、兵庫県功労者表彰(文化功労)受賞。

2000-07年NHK交響楽団アシスタントコンダクター

2010年より兵庫芸術文化センター管弦楽団レジデント・コンダクター

公式ホームページ : http://www.aspen.jp/artist/conductor/chikara-iwamura/index.shtml