グザヴィエ・ドゥ・メストレ : Xavier de Maistre

ハープ

グザヴィエ・ドゥ・メストレ

Xavier de Maistre

 1973年生まれ。9才のときに地元トゥーロンの音楽学校でハープを学び始める。その後、パリにおいてジャクリーヌ・ボロー、カトリーヌ・ミシェルの各氏に師事すると同時に、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで政治と経済を学ぶ。16才のときにパリで行われた国際コンクールで優勝。その後、カーディフ、ミュンヘン、ウィーン、エルサレム等、主要な国際コンクールの数々で受賞している。1998年、最も権威のあるハープ・コンテスト USA国際ハープ・コンクール(ブルーミントン)において、第1位と合わせて2つの賞を受賞した。22才で、首席指揮者ロリン・マゼール率いるバイエルン放送交響楽団のソロ・ハーピストに就任、そして3年後、熱望していたウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のソロ・ハーピストに就任した。ソリストとしての活動も活発に行ない、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団等数多くの一流オーケストラと共演している。02年5月、ハープ奏者として初めてアンドレ・プレヴィン卿指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と《ヒナステーラ ハープ協奏曲 Op.25》を演奏、05年7月にはキンボウ・イシイ・エトウ指揮/NHK交響楽団と《ボアエルデュー ハープ協奏曲 ハ長調》を演奏した。