シュテファン・ザンデルリンク : Stefan Sanderling

指揮

シュテファン・ザンデルリンク

Stefan Sanderling

  1964年ベルリン生まれ。父がドイツ最高の巨匠のひとりと仰がれるクルト・ザンデルリンク、兄トーマスも指揮者という音楽的な環境に育つ。
  ライプツィヒ音楽大学でクルト・マズアに師事したのち、1988年南カリフォルニア大学に留学、タングルウッドでは、レナード・バーンスタイン、小澤 征爾のもとで研鑚を積む。1989年、タングルウッドでデビュー後ドレスデン国立歌劇場管弦楽団、ドレスデン・フィル、ロサンゼルス・フィルをはじめ、数々のメジャーオーケストラを指揮。
  ポツダムのハンス・オットー劇場の音楽監督を経て、1996年にはマインツの州立歌劇場の音楽監督(2001年まで)、1997年には、フランスのレンヌ・ブルターニュ管弦楽団の音楽監督(2004年まで)に就任する。この二つを拠点に、ロンドン・フィル、ロイヤル・フィル、ハンブルク北ドイツ放送交響楽団、ベルリン、ザクセンのシュターツカペレ、バンベルク交響楽団、ドイツ室内フィル、サンクトペテルブルグ・フィル、セントルイス交響楽団、ボルティモア交響楽団、インディアナポリス交響楽団、シドニー交響楽団といった名門オーケストラにも客演し、好評を得る。
  また、ベルリン・ドイツオペラや、ベルリン・コーミシェオパーでも客演している。
  1995年には読売日本交響楽団に客演し、日本デビュー。これまでにNHK交響楽団、大阪フィル、神奈川フィル、新日本フィル、大阪センチュリー交響楽団の定期公演に出演し絶賛を博した。2010年、11年のペーター・レーゼル/ベートーヴェン・ピアノ協奏曲全曲ツィクルスでは、紀尾井シンフォニエッタ東京を指揮する。
  ロンドン交響楽団、ロイヤル・フィルを指揮したディスクからも、正統派の音楽作りと、現代にふさわしい感性の持ち主であることがうかがえる。
  現在フロリダ交響楽団・音楽監督、シャトークァ交響楽団・音楽監督及びトレド交響楽団・首席指揮者。