ロッセン・ミラノフ : Rossen Milanov

指揮

ロッセン・ミラノフ

Rossen Milanov

聴衆からも演奏家からも深く敬愛されているロッセン・ミラノフは、現在、アメリカのコロンバス交響楽団、シャトークア交響楽団、プリンストン交響楽団、そしてスペインのアストゥーリアス交響楽団の音楽監督を務めている。2019年秋からは、スロベニア放送響の首席指揮者にも就任する。
すでにアメリカ国内はもとより国際的にも指揮者として確固たる地位を築いているミラノフは、シンフォニーとオペラ・バレエの両分野において活躍しており、これまでにBBC響、スイス・ロマンド管、ロッテルダム管、ベルリン・コミーシュ・オーパー、チューリッヒ・バレエ、トロント響、サンパウロ州立響、ニュージーランド響を、そしてアジアにおいてはN響、東響、兵庫芸術文化センター管、シンガポール響、マレーシア・フィル、香港フィルなどを指揮している。
ロッセン・ミラノフはカーティス音楽院とジュリアード音楽院(ブルーノ・ワルター記念奨学金を授与された)で指揮を学んだ。