ルノー・カプソン:Renaud Capuçon

ヴァイオリン

ルノー・カプソン

Renaud Capuçon

  1976年フランスのシャンベリ生まれ。
  1995年にベルリン芸術アカデミー賞を受賞し、同地でトーマス・ブランディス、アイザック・スターンに師事。
  1997年からはアバドの招きでグスタフ・マーラー・ユーゲント・オーケストラのコンサート・マスターをつとめ、夏季の3回のシーズンをピエール・ブーレーズ、小澤征爾、ダニエル・バレンボイム、フランツ・ウェルザー=メスト、アバドらの指導を受けて過ごした。
  2002年11月にはハイティンク指揮ベルリン・フィルに、2004年7月にはドホナーニ指揮ボストン交響楽団にデビューを果たしており、世界中の主要なオーケストラ、名だたる指揮者と共演している。
  室内楽にも力を入れており、アルゲリッチ、バレンボイム、ブロンフマン、チョン・ミュンフン、レーピン、バシュメット、メイエらと共演。さらにベルリン音楽祭を初め、ルツェルン、ヴェルビエ、タングルウッドなどの各音楽祭から度々招かれている。
  レコーディングもドイツ・グラモフォン、EMI、ヴァージン・クラシック等から数多くリリースしており、いずれも好評を得ている。
  演奏楽器は、スイス=イタリア銀行(BSI)によって寄贈された1737年製『Viconte de Panette』グァルネリ・デル・ジェスで、1947年から94年までアイザック・スターンが所有していた。