パーチョ・フローレス : Pacho Flores

トランペット

パーチョ・フローレス

Pacho Flores

1981年ベネズエラ生まれ。8歳から父の手ほどきでトランペットを学ぶ。さらにフランスで名トランペット奏者、エリック・オビエの指導を受けた。
2005年フィリップ・ジョーンズ国際トランペット・コンクール第1位、2006年モーリス・アンドレ国際トランペット・コンクール第1位および特別賞受賞、そして同年、イタリア・ポルチア国際トランペット・コンクール第1位を受賞。
エル・システマ出身アーティストとして、シモン・ボリバル響、シモン・ボリバル金管五重奏団、そしてソリストとして来日した。
日本では札響、大阪フィル、東響、N響と共演しているほか、2011年には小澤征爾の招きでサイトウ・キネン・オーケストラの首席奏者を務めた。2013年、クリスティアン・バスケス指揮ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団とレコーディングを行い、DGレーベルでデビューを果たした。