オイヴィン・ギムゼ : Øyvind Gimse

チェロ

オイヴィン・ギムゼ

Øyvind Gimse

2002-17年トロンハイム・ソロイスツの芸術監督を務め、スカンジナビアで最も著名な室内管弦楽団に発展させた。その録音は7度グラミー賞にノミネート、2つのノルウェー・グラミー賞を獲得。ベルリン・フィルとの協働指導プログラム«Konstknekt»主宰者。室内楽音楽祭«Vinterfestspill»メンバー。ノルウェーの様々な室内楽音楽祭に参加。ソリスト、指揮者としてフィンランド、イタリア、ロシアの他、特にスペインで活動。使用楽器はSparebankstiftelsen/Dextra Musicaより貸与のフランチェスコ・ゴフリラ(1730年製)。