オリヴィエ・シャルリエ : Olivier Charlier

ヴァイオリン

オリヴィエ・シャルリエ

Olivier Charlier

弱冠10歳でパリ国立高等音楽院に入学し、ジャン・フルニエ、ピエール・ドゥカン、ジャン・ユボーに師事。ナディア・ブーランジェ、ユーディ・メニューイン、ヘンリク・シェリングら大家たちから才能を認められ、熱心な支援を受ける。17歳でミュンヘン国際コンクール第3位に輝いた後、モントリオール国際コンクール、ロン=ティボー国際コンクール、インディアナポリス国際コンクール等に入賞。
これまで、フランス国立管、パリ管、ロンドン・フィル、BBCフィル、バイエルン放響、チューリッヒ・トーンハーレ管、バーミンガム市響、ピッツバーグ響等と共演。サカリ・オラモ、アルミン・ジョルダン、グスターボ・ドゥダメル、シャルル・デュトワ、パスカル・ロフェ、井上道義、佐渡裕らの指揮のもとソリストを務めている。日本では、N響、読響、大阪フィル、兵庫PAC管などに登場。
録音も多数あり、プラハ室内管弦楽団を弾き振りしたモーツァルトの協奏曲など高い評価を得ている。 使用楽器は1747年製カルロ・ベルゴンツィ。