ミシェル・デ・ヤング : Michelle De Young

メゾ・ソプラノ

ミシェル・デ・ヤング

Michelle De Young

  世界の名だたる指揮者、オーケストラ、オペラ座、音楽祭から熱い視線を受けるミシェル・デ・ヤングはクラシック音楽界を牽引する最も優れた芸術家の一人である。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、パリ管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、ボストン交響楽団、シカゴ交響楽団、スカラ座、メトロポリタン歌劇場、バイエルン国立歌劇場、等に客演し、ダニエル・バレンボエム、ベルナルド・ハイティンク、小澤征爾を始めとする指揮者とステージを共にしている。マイケル・ティルソン・トーマス指揮によるサンフランシスコ交響楽団とCD録音したマーラーの「交響曲第3番」と「亡き子をしのぶ歌」は2003年のグラミー賞 『最優秀クラシック・アルバム賞』に輝いた。