清水 華澄 : Kasumi Shimizu

メゾ・ソプラノ

清水 華澄

Kasumi Shimizu

国立音楽大学大学院首席修了。新国立劇場オペラ研修所を経て渡伊。07年『仮面舞踏会』ウルリカで二期会デビューを飾り、08年小澤征爾指揮新日本フィル『ファウストの劫罰』マルガレーテでは確かな歌唱力を披露。近年では新国立劇場及び中国国歌大劇院(北京)での『アイーダ』アムネリス、二期会『ドン・カルロ』エボリ公女などメゾの大役を演じて絶賛されている。第6回カルロス・ゴメス国際コンクール(伊)第2位入賞。二期会会員。