池田 香織 : Kaori Ikeda

メゾ・ソプラノ

池田 香織

Kaori Ikeda

慶応義塾大学法学部卒業。二期会オペラスタジオ修了。新国立劇場には『愛怨』影巳でデビュー後、『ルサルカ』『魔笛』『影のない女』、びわ湖ホール『死の都』ブリギッタ等話題の公演に数多く出演。とりわけワーグナー作品には欠かせない存在であり、新国立劇場『ラインの黄金』『神々の黄昏』『パルジファル』、びわ湖ホール『ラインの黄金』等出演。16年にはついに難役イゾルデに取り組み、二期会・ライプツィヒ歌劇場提携公演『トリスタンとイゾルデ』で絶賛を博した。東京オペラシティ同時代音楽企画コンポージアム2015:サーリアホ作曲オペラ『遙かなる愛』巡礼の旅人で出演、現代作品においても高い評価を得た。コンサートでも、ヴェルディ「レクイエム」、ベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」、マーラー「復活」等で活躍。オーボエ・ピアノとのユニットtrio97としてCD「Libestraum~愛のおくりもの」をリリース。二期会会員