池上 英樹 : Hideki Ikegami

打楽器・マリンバ・パフォーマンス

池上 英樹

Hideki Ikegami

第46回ミュンヘン国際音楽コンクール打楽器部門最高位。第16回日本管打楽器コンクール第2位。青山音楽賞、文化庁芸術祭音楽部門新人賞などを受賞。大阪教育大学、パリ国立高等音楽院、カールスルーエ音楽大学で学ぶ。ヨーロッパ各地での演奏活動の後、活動を一時休止し、著名なオペラ歌手に教えを受けて、ベルカント唱法を基盤にした技術を打楽器に応用、実践し始める。世界各国の音楽祭の他、日本の主要音楽祭に出演。テレビ朝日<題名のない音楽会>や他メディアにも度々出演している。サントリーサマーフェスティバル25周年記念特別公演オペラでクセナキス<オレステイア>の打楽器ソロを務め、マリンバでは、東京・春・音楽祭にて全曲バッハプログラムを行う。フラメンコの影響から、打楽器やダンスパフォーマンスを融合させた舞台<MOSAIC-モザイク>を発表し始め、昨年座・高円寺にて全曲自作自演のモザイクを成功させる。唯一無二の世界観を追求する打楽器界の鬼才。