ガエタノ・デスピノーサ : Gaetano d’Espinosa

指揮

ガエタノ・デスピノーサ

Gaetano d’Espinosa

1978年、イタリアのパレルモに生まれる。92年ヴィットリオ・ヴェネト、96年ロヴェレ・ドーロ国際コンクールでともに最高位を獲得し、ヴァイオリニストとしてキャリアをスタート。03年から08年まで、ドレスデン国立歌劇場のコンサートマスターを務め、その間、作曲家としても自作のヴァイオリン協奏曲を初演。
08年以降は指揮者としての活動に専念し、プラハ・フィルハーモニア管、ミラノ・ヴェルディ響などに客演。10年5月ドレスデン国立歌劇場で「椿姫」、2011年4月ジェノヴァ歌劇場にて「道化師」を指揮し、センセーショナルな成功を収める。12年1月にはリヨン歌劇場に代役として招かれ、プッチーニ「ジャンニ・スキッキ、外套、修道女アンジェリカ」を指揮、各紙からその豊かな音楽的才能を絶賛される。4月には、NHK交響楽団にデビュー。以降、ヴェネツィア・フェニーチェ座管、フィレンツェ五月祭管、ローマ・サンタ・チェチーリア管、トリノRAI響、ローマ歌劇場というイタリアを代表する楽団に一気にデビュー。13年9月、ミラノ・ヴェルディ響の首席客演指揮者に就任。