宮本 文昭 : Fumiaki Miyamoto

指揮

宮本 文昭

Fumiaki Miyamoto

 宮本文昭の魅力は、その音楽性の高さと音楽に対するアプローチの多彩さにある。1949年東京に生まれ、18才でドイツにオーボエ留学し、フランクフルト放送交響楽団、ケルン放送交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団などの首席オーボエ奏者を歴任し、超絶的技巧をもつ世界的名手、ソリストとして高い評価を得てきた。自らの生き方を選択する「男の美学」を貫き、2007年3月31日、40年のオーボエ演奏活動にピリオドを打ち、最後をしめくくる東京文化会館大ホールでのファイナル・コンサートは、チケットにプレミアがつくなど、伝説のコンサートとして「男の花道」を完成させ話題となった。現在は、指揮者として精力的に活動を始め、サイトウ・キネン・オーケストラ、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、九州交響楽団などを指揮しており、2007年12月には自らプロデュースする“オーケストラMAP'S”を旗揚げし、荘厳華麗で質実剛健な宮本文昭の音楽の世界を構築している。ラジオ・パーソナリティや音楽プロデューサー、講演活動など新しいチャレンジにも取り組み、東京音楽大学教授も務める。著作は、「オーボエとの時間」時事通信社、「疾風怒涛のクラシック案内」アスキー新書、「宮本文昭の名曲斬り込み隊」五月書房などがある。

公式ホームページ   http://www.miyamotofumiaki.com/