檀 ふみ : Fumi Dan

ナレーション

檀 ふみ

Fumi Dan

女優。高校生の時に映画デビュー。翌年からNHK「連想ゲーム」のレギュラーを15年間つとめ、お茶の間の人気者に。映画「男はつらいよ・寅次郎純情詩集」「山桜」ドラマ「日本の面影」「藏」「功名が辻」「花燃ゆ」他、数多くの作品に出演。‘94年には日本アカデミー賞助演女優賞を受賞。
NHK「N響アワー」での軽妙な司会は、クラッシックの敷居を下げて身近に親しむことができたと好評を博す。
近年ではエッセイも好評で、阿川佐和子さんとの共著「ああ言えばこう食う」はベストセラーとなり、第15回講談社エッセイ賞を受賞。他に「檀流きものみち」「父の縁側、私の書斎」「檀ふみの茶の湯はじめ」「檀流きもの巡礼(たび)」等がある。