エリック・ミヤシロ : Eric Miyashiro

トランペット

エリック・ミヤシロ

Eric Miyashiro

  プロ・トランぺッターの父、ダンサー/女優の母という恵まれた音楽環境の中でハワイで生まれ育つ。小学校の頃から楽器を始め、中学の時にプロとして活動を始める。ジャズだけではなく中学、高校時代、多数のオーケストラでも活動をし、数多くのコンチェルトを演奏、地元の“天才少年”としてテレビ、ラジオの出演依頼が殺到、噂が広まり、高校三年の時ハワイ代表として全米高校オールスターバンドに選ばれニューヨーク、カーネギーホールで憧れのメイナード・ファーガソンと初共演する。高校卒業後、ボストン、バークレー音楽院に奨学金で招かれ入学、在学中から地元のスタジオの仕事を行う。
  22歳でバディー・リッチ、ウディー・ハーマンなどのビッグバンドにリードトランペットとして招かれ、世界中を回る。のち、数多くのアーティストのリードトランぺッターとして数年活動後、1989年に来日、すぐに持ち前の読譜力、オールマイティーな音楽性でスタジオ録音などの仕事を始め、吹奏楽、オーケストラ、学校講師、クリニシャンとしても幅広く活動を広め、95年に日本国内最高のメンバーを集めた、“EM Band”を結成。
  2000年に初のソロCD、“Kick Up”をリリース、03年には2枚目のCD “City Of Brass” をリリース。06年に3枚目のCD “Times Square”を初のライブアルバムとして発売。08年には4枚目のCD “PLEIADES”を、10年には5枚目のCD “Sky Dance”を発売、世界レベルでの評価を得る。