クレア・フアンチ : Claire Huangci

ピアノ

クレア・フアンチ

Claire Huangci

“限界を超えるほどの輝かしい音に加えて、クレア・フアンチは潜在する重要な点に 鋭く気づき音楽を巧みに創り上げる”とドイツのラジオ・ブレーメンは彼女を評した。 2009 年ドイツ・ダルムシュタットのショパン国際コンクール優勝。2010 年アメリカ・マイアミの同コンクールで優勝。2013年には、アメリカ・ピアニスト協会賞の5 人の内の1 人にノミネートされ、夏には、チャイコフスキーとプロコフィエフを収めたソロデビューアルバム〈Sleeping Beauty〉がベルリン・クラシックスから発売。
2015年にも同じくベルリン・クラシックスから〈スカルラッティ・ソナタ集〉を発表。 ドイツレコード批評家賞を受賞するなど高い評価を受けた。
ノリントン指揮、シュトゥットガルト放送響、ベルリン・ドイツ響、ミュンヘン室内管、モスクワ放送響など世界の名だたるオーケストラと共演をしている。