アレクサンドル・ヴェデルニコフ : Alexander Vedernikov

指揮

アレクサンドル・ヴェデルニコフ

Alexander Vedernikov

モスクワ生まれ。モスクワ音楽院を卒業後、1988年からモスクワ放送交響楽団(現チャイコフスキー交響楽団)とスタニスラフスキー&ネミロヴィチ・ダンチェンコ記念国立モスクワ音楽劇場の指揮者として音楽活動を開始。95年ロシア・フィルハーモニー交響楽団を設立、芸術監督および首席指揮者として04年まで活動。01年伝統あるボリショイ劇場の音楽監督および首席指揮者に37歳の若さで就任すると、09年までの在任中、上演の改革を推し進め短期間で高い評価を得ることに成功。09年から18年まで、デンマーク・オーデンセ交響楽団首席指揮者を務め、現在は同団の名誉指揮者。更に2018年9月から、デンマーク王立歌劇場の首席指揮者に就任している。
日本においては、ロシア・フィルハーモニー交響楽団、ボリショイ劇場の来日公演を成功に導き大きな話題となった他、NHK交響楽団をはじめとする主要楽団への定期的な客演が続いている。