ミュージック・アドヴァイザー

水島 愛子

Aiko Mizushima

中村太郎、鈴木鎮一、宗倫安各氏に師事。桐朋学園音大卒後、ウィーン国立音大でEdith Steinbauer、Franz Samohylに、室内楽をAlfred Staar氏に師事、同大学を最優秀で卒業。1971年Josef Haydn国際室内楽コンクール第1位、J.S.Bach国際コンクールヴァイオリン部門特別賞受賞。ニュールンベルク響、ミュンヘン室内合奏団を経て76年から2010年までバイエルン放送交響楽団第一ヴァイオリン奏者。2018年3月まで、東京音大にて室内楽、オーケストラの客員教授を務めた。