コンサートマスター

豊嶋 泰嗣

Yasushi Toyoshima

桐朋学園女子高等学校、桐朋学園で江藤俊哉、アンジェラの両氏に師事。大学卒業と同時に弱冠22歳で新日本フィルのコンサートマスターに就任。サイトウ・キネン・オーケストラ、ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・オーケストラ等でコンサートマスターを務め、現在、九州交響楽団と新日本フィルのコンサートマスターを兼任。05年より兵庫芸術文化センター管弦楽団コンサートマスターにも就任。
ソリストとしては、88年サントリーホールでリサイタルデビュー、その後ベルリン放響、バシュメット&モスクワソロイスツ、ロンドン・モーツァルト管弦楽団等、国内外のオーケストラと共演。
室内楽奏者としては、ハレー・ストリング・クァルテットを結成、2000年までカザルスホールのレジデントクァルテットを務めた他、数多くの室内楽プロジェクトに積極的に参加、現在アルティ弦楽四重奏団のメンバーとして活躍。アイザック・スターン、ヨーヨー・マ、マルタ・アルゲリッチ等と共演。
91年村松賞、第1回出光音楽賞、92年芸術選奨文部大臣新人賞、13年兵庫県文化賞受賞。京都市立芸術大学准教授、桐朋学園大学および大学院非常勤講師。
1719年製 アントニオ・ストラディバリウスを使用。