NEWS & TOPICS
2008. 3. 24

《井上道義のベートーヴェン 第3回》における「三重協奏曲」のピアニスト変更について

【 終了しました 】

《井上道義のベートーヴェン 第3回》(2008年5月23日(金)・24日(土)開催)の1曲目に演奏いたします「三重協奏曲」のピアノ・ソロですが、井上道義氏が弾き振りで行うということで当初より予定をしておりましたが、井上道義氏が「へバーデン結節」という指の障害を発症され、当分の間の治療が必要という医師の診断もあり、今回のピアノ演奏は見送らざるを得なくなりました。 井上道義氏の弾き振りを楽しみにしていただいていたお客様には申し訳ございませんが、「三重協奏曲」には指揮者として出演いたしますので、事情をご理解いただき、ご了承いただきますようお願いいたします。
つきましては、ピアノ・ソロは、井上道義氏に代わりまして、 氏が推薦する中学2年生の天才ピアニスト、徳永雄紀が行います。数々のコンクールで優秀な成績を収めている、将来有望なピアニストです。詳しいプロフィールは以下をご覧ください。
なお、今回のピアニスト変更に伴う、入場料の払戻は行いませんので、こちらも合わせてご了承くださいませ。

徳永 雄紀(ピアノ) Yuki Tokunaga
2001年日本演奏家コンクール第1位。02年日本チャイコフスキーコンクール入選。YBP国際音楽コンクール第1位。03年KOBE国際学生音楽コンクール優秀賞、兵庫県教育長賞。日本クラシック音楽コンクールグランプリ。大阪国際音楽コンクールでは、05年小学部門第2位、07年一般部門アブニール賞、コンチェルト部門第3位。ショパン国際ピアノコンクールアジア大会では、ソロ部門04年銀賞、05年銅賞、コンチェルトB(22歳以下)部門06年金賞併せて依田賞等3つの特別賞、コンチェルトC(年齢制限なし)部門07年銀賞(金賞なし)、ヤマハ賞、など、数々の賞を受賞。若い芽のコンサート、オーケストラとの共演など多数。徳永則子、ナードルジョルジュの各氏に師事。現在、福井大学付属中学2年生。08年1月に行われたオーケストラ・アンサンブル金沢第7回北陸新人登竜門コンサート<ピアノ部門>オーディションにて優秀者に選ばれ、4月12日に井上道義指揮、オーケストラ・アンサンブル金沢と共演を予定している。