芸術文化センター管弦楽団 特別演奏会

ユベール・スダーン モーツァルトの旅 (全3回)
[第2回] パリ ~刺激あふれる音楽の街

神童モーツァルトゆかりの地
「ウィーン」「パリ」「プラハ」をめぐる三都物

神童と呼ばれた天才音楽家モーツァルトが、父レオポルトに連れられ初めての演奏旅行にでかけたのは わずか6才のこと。以降、35歳で人生の幕を閉じるまでにモーツァルトが訪れた場所は9カ国・200都 市にもなると言われています。人生の1/3を旅して過ごしたモーツァルトが10年間住まいを構えた「ウィ ーン」、そしてたびたび訪れ多くの作品を残した「パリ」「プラハ」。モーツァルトの旅の軌跡をたどるよう に、これら3都市にまつわる作品を順番にお届けするのが、「ユベール・スダーン モーツァルトの旅」。旅 のコンダクターとして登場するのは東京交響楽団の音楽監督を10年間務めたユベール・スダーン。スダーンはモーツァルト生誕の地であるザルツブルクでモーツァルトテウム管弦楽団の首席指揮者を13年間にわ たって務め、その功績からザルツブルク州及び市より勲章を授与されるなど、ザルツブルクと深いゆかりを 持っています。「フレッシュなPACとモーツァルトに取り組みたい」というマエストロたっての希望で実 現した今回のシリーズ、スダーン&PACと共にモーツァルト追体験の旅にでかけましょう。



[第2回] パ リ ~刺激あふれる音楽の街

パリを訪れたモーツァルトは、祖国ザルツブルクにはない大規模オーケストラや立派なコンサート・ホール、そこで演奏される多彩なオペラや交響曲などから大きな刺激を受けました。さらにパリ訪問の前に立ち寄ったドイツ・マンハイムで学んだ色彩豊かな管弦楽法やダイナミックな表現法に、パリで耳にしたフランス的な技法を取り入れ、モーツァルト独自の音楽を創り上げていきます。
「交響曲 第31番」はパリが誇る大規模オーケストラのために作曲されたもの。元来フルートをあまり好まなかったと言われるモーツァルトですが、マンハイムで出会った名手に感化され、フルート作品を集中して手掛けたのもこの時期です。
幼少時代に訪れたパリでは、ヴェルサイユ宮殿を訪れルイ15世と食事を共にするなど華やかなエピソードがありますが、22歳に訪れた際には打って変わり、狙っていた宮廷音楽家の地位を得ることができず、さらに母親が突然亡くなるなど辛い出来事に見舞われました。パリ滞在が作品に与えた影響は多大でしたが、 モーツァルトにとって良い思い出とならなかったようです。


【オール・モーツァルト・プログラム】

交響曲(序曲) K.Anh.C11.05(311a)
フルート協奏曲 第1番 ト長調 K.313
フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299
交響曲 第31番 ニ長調 「パリ」 K.297

指揮/ユベール・スダーン
フルート/小山 裕幾
フルート/山宮 るり子
管弦楽/兵庫芸術文化センター管弦楽団

主催/兵庫県、兵庫県立芸術文化センター
公演終了

2014年 12月 13日(土)  15:00

兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール [ 会場までの地図 ]

通し券は、ご好評につき、予定枚数を終了いたしました。

9月27日/12月13日/2月7日  3回通し券  A 7,500円 (全席指定/税込)

※通し券は3回を同じお席でご鑑賞いただきます。
※B席は1回券のみのお取り扱いとなります。
※プレイガイドでの通し券の取り扱いはございません。


1回券

A 3,000円/B 1,000円 (全席指定/税込)

お問合せ先・チケットご予約 : 芸術文化センターチケットオフィス : TEL 0798-68-0255

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

※やむを得ない事情により、出演者・曲目等が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。