第50回定期演奏会

井上道義 魂の音楽

井上道義の考える「タナトス」と「エロス」がここに!

 いつも刺激的なプログラムでお客様を魅了し続けるマエストロ=井上道義が登場。今回はギリシャ神話より「タナトス」と「エロス」をキーワードに、ふたつの対比がきわだつ作品が選ばれました。
 前半はマエストロが長年情熱を注ぐショスタコーヴィチの「交響曲第14番」。すべて死にかかわる詩にもとづいて作曲されたこの作品は、弦楽合奏に打楽器、そして二人の歌手という独特な編成。演奏機会は少ないですが、彼の作曲家生涯の中でも注目すべき傑作と言われています。迎えるのはアンナ・シャファジンスカヤとセルゲイ・アレクサーシキン、井上道義がかつて共演し確かな手ごたえを感じたソリストたちです。
 後半、「サロメの踊り」は、楽劇「サロメ」の中で最も有名なシーン、王女サロメが艶めかしく官能的に舞う場面を強く印象づけます。ラヴェルの「ラ・ヴァルス」はウィンナ・ワルツの躍動的なリズム、華やかな舞踏会が目に浮かぶような作品です。
 井上道義が考える「タナトス」と「エロス」の世界。魂から発せられる音楽を心ゆくまでご堪能ください。


【お知らせ】
出演を予定しておりましたバリトンのセルゲイ・アレクサーシキンが急病のため来日が不可能となりました。
つきましては、同氏からの推薦により、ロシア期待の新星ニコライ・ディデンコが代役を務めさせていただきます。
この度の変更について、お客様にお詫びいたしますとともに、ご了承いただけますようお願い申しあげます。


■ ショスタコーヴィチ : 交響曲 第14番 ト短調 op.135
■ R.シュトラウス : サロメの踊り (楽劇「サロメ」より) op.54
■ ラヴェル : ラ・ヴァルス
指揮/井上 道義
ソプラノ/アンナ・シャファジンスカヤ
バス/ニコライ・ディデンコ
管弦楽/兵庫芸術文化センター管弦楽団
公演終了

2012年 3月 9日(金) ・ 10日(土) ・ 11日(日)  各日 15:00

兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール [ 会場までの地図 ]

A 4,000円/B 3,000円/C 2,000円/D 1,000円 (全席指定/税込)

お問合せ先・チケットご予約 : 芸術文化センターチケットオフィス : TEL 0798-68-0255

12月9日(金) 10:00AMより会員先行電話予約ネット先行予約開始

12月11日(日)より一般電話予約開始

12月13日(火)より窓口での引取、販売開始 (※残席がある場合のみ販売)

■チケット取扱いプレイガイド
 チケットぴあ/0570-02-9999 [Pコード:151-144]
 ローソンチケット/0570-000-407 (オペレーター対応) 0570-084-005 [Lコード:59386]
 イープラス/http://eplus.jp/ (パソコン・携帯電話)
※プレイガイドでのお取扱いについては、各プレイガイドにお問合せください。

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

※やむを得ない事情により、出演者・曲目等が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。