芸術監督プロデュースオペラ 2007

「魔笛」(全2幕/ドイツ語上演/新制作)

「ヘンゼルとグレーテル」(全3回)、「蝶々夫人」(全8回)と数々の夢を現実にしてきた佐渡裕プロデュースオペラ第3弾は、世界中で最も上演回数の多いオペラといわれるモーツァルトの最晩年の傑作「魔笛」。
息をのむほど美しい音楽、魅力溢れる登場人物によって、ファンタジーいっぱいの世界が繰り広げられる。燃え盛る復讐心を歌った超絶技巧による「夜の女王」のアリア、そしてユーモア溢れるパパゲーノの「パ・パ・パ」の二重唱など、超有名アリアが続出で聴き所に事欠きません。
“青年の成長”を主軸に据えた、女性らしい感性が光るバステのファッショナブルな演出と、熱い魂を持つ男佐渡のマリアージュに大注目!
そう、芸文発の一味違う「魔笛」は、ドラマティックな“人間賛歌”なのです。

■ W.A.モーツァルト : 歌劇「魔笛」(全2幕)KV620
[出演者]
指揮/佐渡裕
出演/エリック・ハーフヴァーソン(ザラストロ)
  /ゴードン・ギーツ(タミーノ)
  /加賀清孝(弁者)
  /桝貴志(僧侶)
  /牧川修一(僧侶)
  /ジェーン・アーチバルド(夜の女王)
  /マリー・アーネット(パミーナ)
  /並河寿美(侍女)
  /南智子(侍女)
  /浅井美保(侍女)
  /ヨーゼフ・ワーグナー(パパゲーノ)
  /鈴木純子(パパゲーナ)
  /フランソワ・ピオリーノ(モノスタトス)
  /田中誠(甲冑の兵士)
  /北川辰彦(甲冑の兵士)
合唱/ひょうごプロデュースオペラ合唱団
  /ザ・カレッジ・オペラハウス合唱団
管弦楽/兵庫芸術文化センター管弦楽団
[スタッフ]
作曲/W・A・モーツァルト
台本/エマヌエル・シカネーダー
芸術監督/佐渡裕
演出/エマニュエル・バステ
美術/アントニー・マクドナルド
照明/ドミニク・ブリュギエール
合唱指揮/本山秀毅

2007年 7月 28日(土) 14:00 / 29日(日) 14:00 / 30日(月) 14:00

2007年 8月 1日(水) 14:00 / 2日(木) 14:00 / 3日(金) 18:30 / 4日(土) 14:00 / 5日(日) 14:00

兵庫県立芸術文化センター 大ホール [ 会場までの地図 ]

お問合せ先 : 芸術文化センターチケットオフィス : TEL 0798-68-0255

※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

※やむを得ない事情により、出演者・曲目等が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。